アンチエイジング

ボトックス(シワ)

ヒアルロン酸注入療法はシワの溝を埋める方法ですが、ボトックス注射は、表情を表す筋肉の動きを抑制してシワを改善する方法です。

部位 内容 定価
額のシワ 深く刻まれた横ジワができにくくなります。 40,000
(税抜き)
眉間部のシワ きつい表情から、優しい表情へ変えてくれます。 30,000
(税抜き)
目尻のシワ カラスの足跡と呼ばれる嫌な小ジワです。 40,000
(税抜き)
あごのシワ あごの梅干様のシワができにくくなります。 30,000
(税抜き)
エラ治療 ボリュームを落とすことでフェイスラインを改善します。 60,000
(税抜き)

関連ページ

ボトックスリフトについてはこちら

ボトックスとは

ボトックスとは、ボツリヌス菌由来の神経毒素複合体のうちから、A型という血清型毒素だけを精製して取り出した製剤です。ボツリヌス菌と聞くと食中毒を連想してしまいますが、あくまでも調整した毒素を使うので全く問題ありません。

欧米では1970年代よりボトックスによる シワ、多汗症、 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚、斜視、顔面チック、片頭痛などの多くの疾患の治療に用いられています。日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から アラガン社ボトックス注100 (A型ボツリヌス毒素) という商品名で厚生労働省から認可されていますが、残念ながらシワや多汗症の治療薬としてはまだ認可が得られていません。ただこの場合の認可とは、日本国内ではこの薬が購入できないという意味で、医師が直接製造会社から輸入して治療することは全く問題はありません。

ボトックスの作用メカニズム

ボツリヌス毒素はグラム陽性、桿状、嫌気性菌であるボツリヌス菌から産生される菌体外毒素であり、自然界でもっとも強い神経毒作用を有しています。毒素は抗原性の異なるA-G型に分類されており、このうちA,B,F型が結晶精製化されていますが、A型毒素が最も毒素が強く、安定し通常の治療に使用されています。作用メカニズムとしては次のようになっています。

  1. 正常時、神経と筋肉は筋接合部というところで繋がっています。神経は脳から伝えられた刺激を神経の終末に伝え、その刺激により神経終末からアセチルコリンという物質が放出されます。筋肉はこの放出されたアセチルコリンを受け取ることで収縮しますが、これが皮膚の上から見るとシワとして見られます。
  2. 気になるシワの部分に注入されたボトックスは、神経終末に取り込まれて、アセチルコリンの放出を抑えます。そのため筋肉の収縮が抑えられ、シワができにくくなります。
  3. しかし、ボトックスによりアセチルコリンの放出が押さえられた神経終末からは、次第に新しい神経が再生され、再びアセチルコリンを放出し始め、それに伴い筋肉の収縮が始まります。そのため、臨床効果は4−6か月と言われています。

ボトックスの安全性

ヒトに対する致死量は不明ですが、3500単位注入すると危険であるとの報告があります。3500単位とは1ボトルが100単位ですから、35本を一度に注入することになります。通常のシワ治療の使用量は、多くても20〜30単位ですので、全く問題はありません。また、注入されたボトックスは効果を発揮した後の余分な毒素は2週間程で解毒され完全に体の外へ排出されてしまいます。

使用しているボツリヌス毒素製剤

当クリニックでは、アラガン社製「ボトックス」を使用しています。アラガン社製「ボトックス」は30年以上の臨床経験と世界60カ国以上で使用され、 FDA(アメリカの厚生省) もシワ治療で認可しております。

治療手順

  1. 洗顔
  2. ボトックス溶解液をツベルクリン反応用1mlの注射器にとり、30G針(とても細い針です)で目標とする筋肉内や皮下に直接注入します。

    使用量は筋肉の大きさやシワの強さの程度に応じて決めていきます。

  3. 注入時には多少の痛みを伴いますが、ほとんどの方は麻酔を希望されていません。

    麻酔薬を混ぜて使用する方法もありますが、注入量が多くなることで希望部位以外にも浸透し、副作用が生じることがあります。最小限の注入量で最大限の効果を得る技術を必要とされます。

  4. 注入部後しばらく圧迫して出血を予防します。

    その後注入部位には感染予防と腫れの改善のために軟膏を塗ります。また、赤い針あとが目立つ場合がありますので、気にされる方は化粧をして帰宅されています。

効果発現時期と再注入

ボトックス注入後、効果は2〜4日で現れ、2〜3週間で最大となります。効果の持続は4〜6ヶ月と言われていますが、個人差があります。また、初回治療の効果が不十分であれば、追加投与をおこないますが、短期間内での反復投与や多量投与は中和抗体の発現率を高める可能があるため、追加投与の時期は初回投与後3〜4週間としています。この場合の治療費は使用量により異なります。

注入後の問題点

針あと

赤い針あとが生じますが、数日でほとんど目立たなくなります。気になる方は化粧で隠されてください。

腫脹

目じりのシワ(いわゆるカラスの足跡)を治療する場合、注入により腫れが起こることがあります。目のまわりの皮膚が薄いためですが、2〜3日でわからなくなります。また、時に注入針で毛細血管が傷つくと皮下血腫が起き、1週間程紫色の腫れが続くことがあります。

副作用

吐き気、倦怠感、頭痛、発熱、散瞳などが起こる可能性がありますが、1日ほどで改善します。当クリニックではまだ一度も経験された方はいらっしゃいません。

受けられない方

  • 妊婦や授乳中の方
  • 製剤中の成分にアレルギーを持つ方
  • 弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方

などは、ボトックス治療が受けられません。他の治療法を医師とご相談ください。

ボトックス注入部位別特徴

顔の全てのシワにボトックス注入が適応するわけではありません。当クリニックでは眉間の縦皺、目尻のいわゆるカラスの足跡、前額部の横皺などを対象としています。

額のシワ

深く刻まれた横ジワができにくくなります。

眉毛より上1cm以内に注入すると上まぶたの下垂をおこすことがあるために、できるだけ上部の皮下に注入します。また、額で眉毛を挙上する癖のある方の場合は、眉毛より上の額に指を置いて、瞼の開眼制限がなくなる位置より上の額に注入します。
眉間部のシワ きつい表情から、優しい表情へ変えてくれます。眉間部のシワをつくる筋肉の中に注入します。
目尻のシワ カラスの足跡と呼ばれる嫌な小ジワです。目尻の下から上まで注入します。
あごのシワ あごの梅干様のシワができにくくなります。シワを作る筋肉の中に注入します。
フェイスラインの改善 角ばったエラは強くきつく見えるため、やわらかくて女性らしい小顔が好まれます。角ばったエラの原因は咬筋ですが、そのボリュームを落とすことでフェイスラインを改善します。