手術

乳頭形成手術

乳頭はあまり人に見せるものではありませんが、その変形や異常は授乳困難という機能的障害ばかりでなく、形態異常としての精神的苦痛も伴います。

  定価
乳頭を小さくする 乳頭縮小/200,000円 (税抜き)
(片方120,000円)(税抜き)
乳頭の凹みを改善する

陥没乳頭/200,000円 (税抜き)
(片方120,000円)(税抜き)

※保険適用の場合もあります。お問い合わせ下さい。
血液検査 15,000円(税抜き)
消毒料 1回/1,200円(税抜き)

治療方法

陥没乳頭

陥没乳頭とは乳頭が乳輪の中に引っ込んだまま出てこない状態を言います。発生頻度は2〜10%と高く、乳房の発達に伴って明らかになってきます。原因としては、先天的な発育障害による乳管の萎縮や短縮などですが、繰り返す乳腺炎や乳管炎などによる事もあります。また、乳房が大きい人に起こりやすいとも言われます。

陥没乳頭の程度は、乳頭の隆起はあるものの中心部が窪んでいるだけで、指で軽く刺激すると出てくるごく軽度のものから、乳頭発育不全を伴う重症のものまで様々です。また、片側だけのときもあれば、両側の場合もあります。

陥没乳頭の治療を受けられる方は、これまで乳頭が陥没しているために周囲が汚れやすく、時々嫌な匂いがしたり、乳頭周囲炎を繰り返していた方や、一度出産した時に授乳で苦労したり、乳腺炎にかかった経験のある方などでした。しかし、最近は、整容的改善のために治療を希望される方が多くなってきています。これは女性が乳房や乳頭の形態に敏感になってきた事と、形成外科や美容外科に関する情報が普及してきた事などによるものですが、女性の結婚年齢の上昇に伴い、形態的コンプレックスが助長されるためでもあります。

治療

軽度のものは、1日数回吸入器を使用して乳頭を引きだす事で改善されます。しかし、この方法でも改善されない場合は、手術となります。手術は短縮した乳管を伸ばしてやり、乳頭が出てくるようにします。この時重要な事は、将来、妊娠・授乳可能であれば、乳管を温存しなければならない事です。しかし、非常に重症で乳管そのものが萎縮していると、手術により乳頭が出てきても授乳できない場合もあります。 陥没乳頭の患者さんは婦人科や乳腺外科を受診されがちですが、実際の治療は形成外科が行なっています。

肥大乳頭

乳頭が大きい事を言い、家族的な傾向が多いといわれます。一般的には両側性で思春期頃より起こり、妊娠授乳で増強します。薄い衣類を着ている時や、水着の時に肥大が判るために治を希望される方が多くなってきています。男性でもみられる場合があります。

治療

手術により縮小しますが、妊娠・授乳の可能性が有る、無しにより手術方法が異なります。

下垂乳頭

乳頭が垂れ下がっている状態を言い、出産授乳後に乳頭がゆるみ、その重みで下垂してきます。

治療

手術で下垂した乳頭を切除し、形を整えます。