美容外科

美容外科とは

  解剖学的に組織の欠損も位置のずれもない正常な人に手術を行いより美しくするのを審美外科aesthetic surgeryといい隆鼻術・重瞼術・豊胸術などがあります。一方、正常ではあるが醜くなるのを防ぐため手術を行い美しさを保持するのが美容外科cosmetic surgery除皺術・脂肪吸引術・乳房縮小術などありますが、通常は両者を一緒にして美容外科と言われています。

診療内容

プチ整形
最近よく聞く「プチ整形」。でもプチ整形って何でしょう。プチ整形を一言で言うと「切らずに元に戻せる(戻る)整形!」のことで、メスを使わずに、鼻、唇、顎および顔などの輪郭を注射で改善する方法です。
ホクロ取り
泣きボクロ、縁起のいいホクロ、鼻の穴の近くにあるために鼻くそといわれるほくろなど、ほくろはその場所により印象が変わります。そして、そのほくろが気になるから取りたいと考えている方も多いと思います。
二重まぶた
私は長年、形成外科医としてまぶたの先天異常、外傷、腫瘍の手術を行ってきましたが、経験を重ねるにつれてまぶたの手術の難しさを改めて感じてきています。 二重まぶたの手術は、美容外科の手術で最も多いものの1つですが、広告で簡単、クイックと表現され一見簡単そうに思われているこの手術は、難しくかなりの経験が必要となります。
鼻の形
鼻の形を決めているのは、鼻骨といわれる骨です。この骨が少しでも曲がっていたり、凹んでいると、鼻全体が大きく変形してみえます。次の3つが代表的です。斜鼻/鞍鼻/わし鼻
ハッピーリフト
ハッピーリフトは簡単にいうと、顔に糸を入れ全体的にひっぱりあげる方法です。
わきが
「ワキガ(わきが)」はワキの下が臭う状態を言い、医学的には腋臭症と言います。腋臭症と言うと病気のように思われますが、本当は病気ではありません。正常な人間であれば多かれ少なかれワキの下に臭いがするものです。その臭いが他の人より強いか、強く感じるかの違いだと思います。
多汗症
汗は体温を一定にするために、重要な働きをしています。しかし、多汗症の方は手のひら、ワキ、足の裏など局所的に多量の汗をかくため、日常の生活や仕事に障害がおこり精神的苦痛も伴ってしまいます。
乳頭・乳輪形成手術
乳頭はあまり人に見せるものではありませんが、その変形や異常は授乳困難という機能的障害ばかりでなく、形態異常としての精神的苦痛も伴います。
唇の形成
唇の厚さや薄さといった形は人種、性別、年齢によって様々で、その違いにより顔貌、人相に大きな影響を与えます。また、同じ人でも年齢と共にその形が変化してきます。
へその形成
へそは胎児期に臍帯が付着していた所にできた傷あとの事を言います。
ピアス・ボディーピアス
ピアスとはピアス型イヤリングを装着する穴を耳たぶに開けることを言いますが、一般的にはイヤリングそのものをさしています。この穴開けはピアスを販売している店や医師以外の人のよって容易に行われているために、いろいろなトラブルが生じてきます。
小陰唇縮小術
気になっているけど、誰にも相談できないのが女性器の悩み。その中でも特に多いのが「小陰唇肥大(小陰唇が大きい)という悩みです。
刺青除去
刺青とは皮膚に創傷をつくり、色素を故意に沈着させて図形や文字をあらわす方法で、文身(ぶんしん)・入れ墨・がまん・彫り物・もんもんなど色々な名称で呼ばれています。

整形外科や美容外科との違い

一般には「整形外科」との違いははっきりされていませんが、整形外科が体の土台である躯幹や四肢の骨・筋肉を扱うのに対して、全身の皮膚・軟部組織や顔面骨を扱うのが形成外科といえます。

一方、「美容整形」は美容を目的に、もともと正常な体にメスを加えることです。ただしこの美容整形という名称は正式なものではなく、医療法では「美容外 科」と呼ぶように定められています。そこでよく形成外科=美容外科と思われがちですが、実は美容外科は形成外科の中に含まれている分野であり、形成外科的 知識や技術を用いて行われるものです。