美容皮膚科 光老化

光老化

年を取るにつれてシミやしわが生じ、また次第に肌のハリと潤いが失われていきます。これは老化と言われ、これまでは自然の摂理と考えられていましたが、最近は光老化と言う概念が生まれました。

光老化とは、紫外線が皮膚細胞にダメージをあたえる事で老化が進行するという考えです。老化の80%がこの光老化で、残りの20%が生理的老化と言われています。

紫外線は、A波・B波・C波の3つに分けられ、それぞれ肌に及ぼす影響が異なります。紫外線A波はシミやしわなどの主な原因となり、B波は炎症ややけどを引き起こします。C波はA波やB波より非常に強力で有害ですが、そのほとんどがオゾン層で吸収され問題にはなっていません。しかし今後フロンガスによるオゾン層の破壊が進むと、紫外線量は増え、その影響は深刻な問題となっていくでしょう。

皮膚に現れる光老化の症状としては、ざらざらとした皮膚・くすみ・シミ・しわ・たるみ・日光角化症などがあり、時に皮膚癌を引き起こす場合もあります。

老化の80%が光老化であることを考えると、老化の80%は予防できる事になります。

予防としては、紫外線からお肌を守る事で、具体的には、日傘・帽子・長袖シャツなどを用いたり、サンスクリーンを積極的に使用する事です。また、不必要な紫外線を浴びないようにする事も重要です。特に、子供の頃に浴びた紫外線量が光老化に影響を与えると言われますので、子供の頃からの紫外線対策が必要です。また、毎日のスキンケアとしては、老化した肌やダメージを受けた肌に十分なビタミンを補給する事です。ビタミンは皮膚細胞を活性化させ、肌を健康な状態に戻す事ができます。これまではビタミンは食べ物として取られてきましたが、最近はビタミン配合のクリームなどが開発され、直接肌から補給する事も可能となりました。

老化は、あきらめるのではなく、予防する事が重要です。

※当院では、日焼け止めの販売も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。