レーザー治療 汗管腫

汗管腫は、汗を発生させるエクリン汗腺が、真皮内で増加してできたの良性の皮膚腫瘍です。

ティーマインアイコンプレックス

汗管腫の再発や新生を抑えるのに有効なクリームです。

レーザー治療は汗管腫に対して、かなり良い結果がえられていますが、治療後の腫れや赤みを嫌われる方もおられます。そのような方には予防としてこのクリームをお薦めします。

14.2g/15,000円 → 特別価格/12,000
(税抜き)

レーザー治療

10,000円〜
(税抜き)

汗管腫とは

汗管腫は、汗を発生させるエクリン汗腺が、真皮内で増加してできた良性の皮膚腫瘍です。大きさは帽針頭大から米粒大で、正常な皮膚の色か、淡い褐色をし、皮膚の表面からやや隆起しています。

発生部位と原因

前胸部、ワキなどにもありますが、一番多いのが顔面特に下まぶたです。散在して生じることもありますが、普通は左右対称に集まって多発します。

年齢や性別では子供や男性にも見られますが、主に思春期、または、中年以降の女性に見られます。

原因としては、遺伝性が指摘されていますが、はっきりしたことは判ってはいません。汗管腫は悪性ではありませんので、放置しておいても構いませんが、美容的な面で治療を希望する方が多くおられます。

治療法

治療は、液体窒素、電気凝固術、皮膚剥削(はくさく)術等が行われますが、満足のいく結果は得られてはいません。汗管腫を確実に除去できる方法は 汗管腫を切除し、縫合する手術ですが、細長い傷あとがいくつも残り、これが新たな問題となります。このため、これらの方法に代わり現在では、炭酸ガスレーザー術が行われるようになりました。

炭酸ガスレーザー

汗管腫治療における炭酸ガスレーザーの目的は、隆起した汗管腫を正常皮膚と同じ高さにすることです。

皮膚組織の大部分は水分でできています。炭酸ガスレーザーはこの水分に吸収されることで協力な熱効果を表し、汗管腫組織を極めて限局的に破壊し飛ばして(蒸散)しまいます。出血がほとんどなく、最小のダメージで除去します。

治療手順

治療を受けられる方で一番心配なことは、治療中の痛みだと思います。レーザー治療であれ、手術であれ、治療には痛みが伴います。しかし実際は局所麻酔をしますので、痛みは全くありません。ただ、麻酔は非常に細い針を用いて行いますが、チクッとした痛みはあります。よく無痛手術といわれますが、手術中は痛くないという意味だと思ってください。痛みに対する感覚は個人によりかなり異なりますが、目の周りは他の部位に比べてあまり痛くありません。麻酔が効いてきたら、汗管腫ひとつひとつずつにレーザーを照射して隆起している部分を平らにしていきます。

治療時間は汗管腫の数や部位で多少異なりますが、両まぶたで15分程です。

患者様の中には2〜3個をテスト照射して、1〜2か月間赤みやでこぼこ感の改善を確認してから、残りを治療する場合もありますが、一度にすべての治療を受けられる方もあります。

照射後の様子がご心配な方は、テスト照射を受けられては如何でしょうか。

アフターケア

  1. 照射部位には薬の付いた肌色のテープを貼ります。
    テープを貼られるのを嫌われる方もおられますが、傷を守るためですので、1〜2日は辛抱されてください。
  2. 治療直後に痛み止めを飲んでいただきます。レーザー照射後に痛みが続くのを心配される方がおられますが、痛み止めが必要な程ではないとほとんどの方が言われています。
  3. テープを貼ったまま当日から洗顔・化粧やシャワーも可能です。
  4. お渡しします塗り薬を翌日より1日1回塗っていただきます。
  5. 治療のために仕事をお休みされる必要はありませんが、テープが気になる方は休日前に受けられた方が良いかと思います。
  6. 10日目に診察に来ていただき、傷の状態を確認します。
  7. 照射部の赤みは3か月程続きますが、気になる方は、化粧で隠されてください。また、一時的な色素沈着を生じることがあるため、この期間、日焼け止めクリームの使用をおすすめします。

治療後の問題点

  • 腫脹

    まぶたの皮膚は薄く、麻酔を行なったり、レーザーの影響で腫れが生じる場合があります。1週間程でなくなります。

  • 赤みや色素沈着

    炭酸ガスレーザーの照射後しばらくは赤みや色素沈着が生じますが、2〜4か月程で消失します。その間は化粧で隠せる程度です。

  • 傷あと

    汗管腫におけるレーザー治療では、汗管腫の隆起している部分を平らにすることですが、傷あとが全く残らない訳ではありません。ただ、汗管腫に比べてははるかにその部分は目立たなくなります。さらに、まぶたは顔の中でも傷あとが目立ちにくい部分ですので、時間と共に、この傷あとも気にならなくなります。

  • 再発

    レーザー治療はあくまでも隆起している部分を平らにする事を目的とし、完全に取り除いてしまう事ではありませんので、再発の可能性がない訳ではありません。しかし実際に治療を受けられた方の再発率は、それほど多くはありません。もし再発した場合は早めにレーザー治療を受けらる事をお薦めします。

  • 新生

    炭酸ガスレーザー治療といえども、汗管腫の新生や増殖を抑える事はできませんが、最近アメリカで開発されたTeamine eye complexは、汗管腫の再発や新生を抑えるのに有効なクリームとして期待が寄せられています。

レーザー治療を希望されない方のために

レーザー治療は汗管腫に対して、かなり良い結果がえられていますが、治療後の腫れや赤みを嫌われる方もおられます。そのような方にはこのクリームをお薦めします。

Teamine eye complex

眼元のトラブルのために開発された「ティーマインアイコンプレックス」。汗管腫を合併された患者様が使用されて、汗管腫が小さくなったり、以前よりできにくくなったという場合がありました。目の周りのトラブルに有効な抗酸化作用の強い新成分であるグリーンティー(お茶)・アルニカ(ハーブの一種)・藻・ツタ・ビタミンK等の成分が汗管腫に有効なのかと思われますが、詳しいことは判っていません。しかし、レーザー治療を希望されない方や、治療後の再発や新生の予防を希望されている方には、試してみる価値はあるかと思われます。

郵送によるご注文も受けつけております。お電話でお申し込みください。