肝斑

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は両頬・額・下あご・上口唇(鼻の下)などにできるシミで、 左右対称にあらわれるのが特徴です。多くはうすい茶色で、もやっと広がるように現れます。
肝斑の原因として、紫外線のほか、顔のこすりすぎによる物理的な刺激や、 ストレスなどによってホルモンバランスが崩れることが影響しているといわれます。

肝斑(かんぱん)治療内服薬

トランサミン錠(30日分)90錠5,000
(税抜き)

肝斑セルフチェック



その他よくある質問はこちら