レーザーフェイシャルの回数と受けれない方 


よく質問されることに レーザーの照射時間があります。
痛みについても心配かと思います。
どれほど我慢しなければならないのかと不安に思われるでしょう。


照射時間は?

実際に照射時間は約10分程度です。
クレンジング+照射+冷やし
施術時間はトータル45分


照射時間に対して
患者さんのなかには「もう終わったの?」とおっしゃる方もいますが、決して照射数が少ないからではありません。
お顔全体に部位が重ならないように丁寧かつ能率的に照射すているからです。


照射間隔は?

効果が一番良いのは3~4週間に1回とお考えください。
この間隔は多少長くなってもかまいませんが、効果の維持を考えると1〜2ヶ月に1回の施術をオススメします。


照射回数は?

一応 4-5回を1クールと考えています。
理由は、効果がすぐ現れる方もおられますが、数回の照射後に効果がみられる方もおられるからです。

したがって、明らか効果がみられる回数として4ー5回をお薦めしています。

1クール後はお肌の状態をみられてから決めていただいていますが、理想は2ー3か月に1回のペースで受けられることをお薦めしています。


痛みは?

痛みの程度をお伝えするのは難しいですが、通常は「輪ゴムで弾いたような痛み」と説明させています。この痛みは 照射時だけで施術後に続くことはありません。

特に痛みに弱い方はお申し出ください。効果が無くならない程度に出力を下げて照射することもできます。


レーザーフェイシャルの受けられない方

使用しているレーザーは肌に優しい機種ですが、それでも残念ながら受けれない方もおられます。
少しでも心当たりがある方は、診察時に担当医に伝えてください。


1.日光アレルギーの方

この症状のある方は、普段から紫外線に気をつけられています。

使用しているロングパルス・アレキサンドライトレーザーは紫外線ではありませんので問題ないかとは思いますが、光であることには違いありませんのでお薦めはできません。


2.以前、医療用レーザー脱毛を受けられ、照射部位に発赤が生じた方

これまでに一人の患者さんに経験したことがあります。
患者さん本人も覚えておられなかったようですが、以前脱毛レーザーを受けれれた時に照射部位がかなり赤くなった経験をされていた方でした。

この患者さんのお顔にレーザー照射を行った夜に 顔が赤くなって腫れが生じました。

すぐに薬を使用して頂いたために大事には至りませんでいたが、初めての経験で鮮明に覚えています。
そのために、私のクリニックではレーザーフェイシャルを受けられた方には、予防的に腫れを抑える薬をお渡ししています。

ほとんどの患者さんは必要ないのですが、もしものための御守りとしてお渡しています。


3.強い日焼けをされている方

意外に多いご要望の中に、日焼けをされたままの状態での施術を希望される方です。

すでにお話しましたように、レーザーフェイシャルではメラニン色素に反応します。
強く日焼けされている部分には多くのメラニン色素が集まっていますので、この部分にレーザーを照射するとやけどの可能性があります。

少なくとも1か月して、お肌の色が薄くなってからお受けください。

しかし、中にはどうしても施術を希望されるかたもいらっしゃいます。
少しでも早くもとの状態に戻したいお気持ちはわかりますが、安全面の上で「やけど」のリスクがあるのでお断りしております。

まずは日焼けされないようしていただくようお伝えしています。


 

4.妊娠中の方


一般には、妊娠された方にレーザーを照射しても問題ないとは言われています。
このレーザーの光は皮膚の表面しか影響はありませんので、お腹の赤ちゃんには影響ないと思います。

しかし、仮に赤ちゃんに何らかの問題が起きたら?
お母さんとしては「あの時レーザー治療を受けなければよかった」と後悔されるかもしれません。
妊娠中は身体ばかりでなく
精神も繊細いなっています。
したがって、妊娠中はオススメ出来ません。
「無事赤ちゃんが生まれたら、そのご褒美にいらっしゃいませんか?」と説明してお断りしています。



レーザーフェイシャルが受けれない方 諦めないでください。
 受けられない方には、安全な他の方法をお薦めしています。



*今月のお得な施術について

 

お肌とまぶたのクリニック
やまもと形成外科クリニック
形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科
見た目を自信につなげる
豊富な経験と確かな技術
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜  10:00~17:00
休診日:日曜・祝日・年末年始

当日の予約も可能です

クリニックLINE@お友達募集中
新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
📞キャンセル・ご変更は3日前午前中までにご連絡ください。
クレジットカードご利用いただけます。
📨お問い合わせ / アクセス
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂治療
*クリニック院内
保険が適応できるものはできるだけ保険で治療を行います((形成外科・皮膚科)。
保険であっても、美容(見た目)を配慮した治療を行います。
形成外科医としてケガ、傷あと、まぶたのトラブル(眼瞼下垂・逆さまつ毛)、皮膚腫瘍の治療は専門的治療を行っています。
また、子供の外見的な形態異常、ケガ、傷あとの治療には特に力を入れています。
当院の診療には保険診療と自由診療がございます。美容治療はすべて自由診療となっております。

 

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします