ヒアルロン酸注射でほうれい線やくちびるのシワを改善 専門医の高い技術で結果が違います


加齢によって口元が変わると老けて見える!
年齢は下半分の顔に出てきます。

実年齢が出るのは口元だとよく言われています。
アイメイクでのごまかしは通用しなくなっているのかもしれません。
逆にイタイおばさん顔になっている恐れがあります。

口元が見た目年齢を大きく左右すると言っても過言ではありません。
40歳をすぎてからのシワでお悩みベスト4!

  1. ほうれい線が目立ってきた
  2. ほほが窪んで見える
  3. 口びるに張りがなくなる
  4. ゴルゴラインが目立ってきた

現在の時点では加齢していく以上症状は強くなってきます。
残念なことに加齢は止められません

口元の老けの対策と改善方法

  1. 紫外線対策をして光老化に注意する
  2. マッサージをしてリンパの流れをよくする
  3. 歯の治療をする
  4. リフトアップのレーザー治療等受ける
  5. ヒアルロン酸を注入
  6. その他の治療

*1〜6までをしっかり行うことでかなりの改善が認められるとは思います。
しかし、即効性を求めるならヒアルロン酸治療だと思います。

下半顔の改善にもっとも短期間で確実なヒアルロン酸注入療法

⒈ヒアルロン酸注射はシワの溝に少しづつ注入してシワを軽減させる方法です。

できてしまった深いシワの溝やくぼみにヒアルロン酸を注入、シワに直接アプローチすることでシワが改善、また注入したヒアルロン酸がボリュウムを増加させシワを軽減させていきます。

ヒアルロン酸で治療できるシワや部位

表情していなくても目立つ深いシワ

  • 額の横ジワ
  • 目尻のシワ
  • 目の下のシワ(ゴルゴライン)
  • 眉間の縦ジワ
  • 上口唇のシワ
  • 鼻唇溝(法令線)のシワ
  • 口角のシワ(マリオネットライン)

その他:プチ整形に使用されます

  • 鼻 (鼻根を高く)
  • アゴ(アゴを出す)
  • 唇 (くちびるを厚くする)

どこで治療が受けられますか?

一般的には美容外科でしか治療しないと思われているようです。
実際は皮膚科、形成外科でも治療は行います。

形成外科での治療をオススメするわけ

形成外科は顔が専門の科です。
形成外科は見た目を大切に考えています。治療後の傷、傷あとをできるだけ目立たなくすることで発達してきました。
専門性を考えても形成外科医の治療後の結果が違うのは当然だと思います。

*美容外科は形成外科の中の治療一部と考えられています。
形成外科医が美容が得意とされる理由です。

2年間の初期臨床研修終了後、形成外科領域全てに関して、定められた研修カリキュラムにより4年以上の専門医研修を修め、資格試験に合格し専門医として認定された医師です。
傷や変形をきれいに治すことを主な目的とし、顔や手足など身体表面の、

  • ケガ
  • 顔面骨折
  • やけど
  • あざ
  • 腫瘍
  • 先天異常
  • 皮膚潰瘍
  • がんの切除・再建
  • 乳房再建および美容医療

などについて専門的な知識と診療技術を持ち、これらの領域に関して適切に対応する診療を行い、必要に応じて他領域の専門医と共同して治療を行う能力を備えた医師です。

出典元:日本形成外科学会

安心して治療を受けてたい方

1まず医師が治療をしている

最近では歯科医が行っているケースがありますが、これは正直グレーゾーンです。
口腔内までの治療までと定められています。


2経験と豊富な症例数を持つ形成外科医

顔にはたくさんの血管や神経があるため、医師であれば誰でもヒアルロン酸注射ができるわけではありません。
形成外科医は、顔面の解剖に熟知した専門医であり、豊富な経験と技術が要求される顔のシワ治療で技術が発揮されます。毎回患者さまのシワの状態を正確に判断して治療を行っています。

ヒアルロン酸注入はどの位置にどのくらいの量を注入するかを判断するのが大切です。


3安さで人気の中国製・韓国製などのヒアルロン酸が出回っているようですが、安全性を考えるとオススメできません。

ヒアルロン酸にはいろいろな種類、生産地があることをご存知ですか?
ただ単に最新のもの、安いという理由で中国製、韓国製のものを使用しているクリニックもあるようですが、当クリニックでは実績のないものは使用いたしません。安全性を重視し、実績のある高品質のヒアルロン酸を使用しています。


ヒアルロン酸にもブランドがあります! 安心のブランド商品 

QーMED社(スエーデン製)、アラガン社(アメリカ製)
日本で唯一厚生労働省にシワ治療や溝治療に承認されている「ジュビダームビスタ」

*アラガン社

ヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸より水分を多く取り込むため、治療効果が高く持続性にも優れています。また、非動物性由来ですのでアレルギーの心配もありません。

当クリニックでは1本単位で使用しています

安さを追求するあまりに1本のヒアルロン酸を使いまわししているクリニックもあるようです。
当クリニックは当たり前のことでですが、衛生の問題、安全性を考えて、患者さま一人に対し1本単位で使用させていただいています。
1本単位でご購入していただくことで安心で清潔に治療を受けていただけます

ヒアルロン酸の効果はどれくらい継続されるのか

ヒアルロン酸の効果持続期間は約1年と言われています。
注入部位や注入量また皮膚の状態などで異なります。

患者様本人が、また治療したシワが気になりだした頃が次の注入時期だとお考ください。

一方、鼻や顎の整形の場合は、初回の持続期間が通常のシワ治療より短いためようです。
半年程で2回目の注入を受けられる方が多いようです。

注入する上で最も気をつけていること!

・注入する位置
・注入する量
・注入する深さ
・痛みの軽減

これらを自由自在に操るためには医師の技術の他に、
極細の針(ピクセルL)
スコープ
最新のLED無影灯
を使用することにより繊細な治療がおこなうことができます。


老化によってできた深いしわがヒアルロン酸注入で、目立たなくなります。

 

多くのトラブルは医師の経験や技術不足によるもの

・注入過多による膨らみ過ぎ
・希望でない位置へのヒアルロン酸の流出
・注入時や注入後の痛み

*トラブルの原因の多くは、医師の経験と技術不足、カウンセリング不足と言われています。

カウンセリングを一番大切にしています

当クリニックの医師がしっかり診察します。患者さまと十分なカウセリングを行い、顔のバランス、シワの位置などを考慮しながら計画を立てていきます。
ヒアルロン酸の量についても事前のカウンセリングをすることで、適正量を判断して治療を行っています。

患者さまが満足、喜んでいただける治療を目指しています。

ヒアルロン酸注射 料金

クリニックによって料金が異なります。
どんなヒアルロン酸を使用しているのかでも違います。
お顔に注入することを考えて、お値段というより、医師の技術も考慮してクリニックを選ばれてください。

*当クリニッックでは ヒアルロン酸治療 2018年 9月&10月トライアル を行っています。
気になる方はお問い合わせください。

治療の流れ 当クリニックの場合

ご予約にて診察日を決めます。当日 施術希望の方はご予約時にお申し出ください。

診察→ 洗顔→ 注入部位の確認→ ヒアルロン酸注射→ 治療後軟膏を塗ります

治療時間は注入部位により異なりますが、10分〜20分程です。

*治療途中で鏡で注入結果を確認していただきながら、気になる部位を重点的に注入します。

*治療当日、注入部位の赤い針跡が気になるようでしたら、軟膏を多めに塗ってから化粧をしていただきます。

アフターケア(治療後)

1.入浴について

当日より洗顔やシャワーは可能ですが、入浴は翌日からOKです。
化粧は当日より可能です。

2.再診

特に問題や心配がなければ、受診の必要はありません。しかし、初めて受けられた方は10日目頃の受診をおすすめします。
*この場合の診察料は無料です。

3.副作用

非動物性由来ですのでアレルギーの心配もありません。

稀に注入部位に内出血・赤みや腫れが起こることがありますが、
1週間程で解消します。

術後のダウンタイムについて 基本的にはありません

多少の赤みや針に穴が気になる場合がありますが、当日よりメイクもできますので、他の人にも気づかれないようです。

その他のヒアルロン酸の質問は以下を参考にしてください。


よくあるヒアルロン酸 Q&A

Q:注射の痛みが気になります
A:皮膚に針を刺すときに痛みがありますので、注入部位を冷却してから針を刺します。ヒアルロン酸の中に局所麻酔が含まれていますので、注入中はほとんど痛みはありません。

Q:何歳くらいの方から治療が受けられますか?
A: 最近は、20代後半の方もいらっしゃいます。若いうちから予防も兼ねて治療されることはとても有効と思います。

Q:ヒアルロン酸の効果はどれくら続きますか?
A:注入するヒアルロン酸の種類や注入部位により異なりますが、半年から1年程継続します。

Q:継続治療を続けると受けた箇所(身体)に負担はないでしょうか?
A:注入されたヒアルロン酸は1年ほどで吸収されますので、繰り返しの治療でも身体に負担がかかることはありません。

Q:治療後の針跡はどれぐらい続きましか?
A:数日でほとんど目立たなくなりますが、気になる方は化粧で隠してください。

Q:注入後の腫れは、長く続きますか?
A:目のまわりの皮膚は薄いため、注入により腫れが起こりますが、2~3日でわからなくなります。また、皮下血腫を起こす場合がありますが1週間程で治ります。

Q:注入部が凹凸になることがあるそうですが?
A:凹凸が目立たないように注入しますが、気になる方はマッサージすることで軽減されます。長くても1ヶ月程で改善します。


その他のシワ治療について

1.ボトックス注射

2.糸を用いたシワ治療(ハッピーリフト)

3.手術療法


その他のヒアルロン酸注射注射 人気治療

1.隆鼻術

2.頬のこけ

3.上まぶたの凹み

4.顎の形成

5.Vista-Shape(頬から下まぶたにヒアルロン酸を注入して顔をシャープにする)


まとめ

ヒアルロン酸注射はシワ治療で一番人気のある方法で、多くの医師により行われています。しかし、顔にはたくさんの血管や神経があるため、医師であれば誰でもできるわけではありません。

治療を希望される場合は、顔面の解剖に熟知した形成外科医にお任せください。


9月&10月お得です。2018年

お顔にできているシワにヒアルロン酸を注入します。

注射だけで終了するヒアルロン酸は、どこでやっても同じだから安いところがお得だと考えていらしゃいませんか?
シンプルな施術だからこそ、想像以上に大きな違いが出てきます。
当医院は患者様の安心安全を考えた治療を行います。
しっかりしわを治療することが満足につながります。

1本100,000円 → 70,000円
同日注入で:2本目 60,000円 3本目50,000円

ご質問のある方は、ご遠慮なく下記のフォームよりお問い合わせください。

やまもと形成外科形成外科でも治療を行っております。

お肌とまぶたのクリニック
やまもと形成外科クリニック
形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科
見た目を自信につなげる
豊富な経験と確かな技術
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜  10:00~17:00
休診日:日曜・祝日・年末年始

当日の予約も可能です

クリニックLINE@お友達募集中
新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
📞キャンセル・ご変更は3日前午前中までにご連絡ください。
クレジットカードご利用いただけます。
📨お問い合わせ / アクセス
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂治療
*クリニック院内
保険が適応できるものはできるだけ保険で治療を行います((形成外科・皮膚科)。
保険であっても、美容(見た目)を配慮した治療を行います。
形成外科医としてケガ、傷あと、まぶたのトラブル(眼瞼下垂・逆さまつ毛)、皮膚腫瘍の治療は専門的治療を行っています。
また、子供の外見的な形態異常、ケガ、傷あとの治療には特に力を入れています。
当院の診療には保険診療と自由診療がございます。美容治療はすべて自由診療となっております。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします