• 信頼・安心・実績のクリニック

 



当クリニックではシミのタイプによっていくつかの治療法を、
単独でまたは組み合わせて行っています。


1.肝斑

女性ホルモンのバランスの崩れ30代〜40代、更年期の人にもよくみられます。

治療方法
1)トラネキサム酸内服薬
2)高濃度トラネキサム酸ローション(医療機関限定)
3)日焼け対策 (肝斑は紫外線で悪化します)
4)化粧を落とすと時擦らない
最近の研究では、化粧などを落とす時にコットンなどを用いて肌を擦って取ることは 肝斑を濃くすることがわかりました。肝斑の原因はまだわかっていませんが、炎症を関係があるのではと思われています。そのために肌を擦ることは炎症が強くなり、それにより肝斑が悪化すると言われます。
化粧を落とすときは、泡のクレンジングで肌を擦らないようにして落としてください。

注:最近、Qスイッチヤグレーザーを用いた「レーザートーニング」が注目されています。一時的には薄くなりますが、長期的には悪化したり、逆に色が抜けて白くなる(脱色素)ことがあるとの報告があります。現在、私のクリニックでは行っておりません。

 


2.遅発性太田母斑

目の周りにできている灰色がかった淡青褐色のアザです。目のしたのクマとも言われることもあります。
治療方法
Qスイッチレーザー治療


3.色素沈着

炎症性色素沈着、ニキビ跡、傷跡が茶色くシミになって残ったもの
治療方法
原因の特定と除去!
高濃度ビタミンCローション(医療機関限定)


4.老人性色素斑(部分的なシミ取り)

シミの中でもっとも多いタイプです。紫外線の影響でできてしまうもの
また、シミがさらにイボのように盛り上がってできたものが老人性イボ(脂漏性角化症)です。

治療法
平坦なシミにはQスイッチレーザーが適応  詳細はこちら→
脂漏性角化症には炭酸ガスレーザーが適応


5.雀卵斑(ソバカス)

子供の頃からある小さいシミのことをソバカスといいます。
厳密には遺伝的なもので、10代の頃からできはじめます
治療法
レーザーフェイシャル   詳細はこちら→
フォトーRF(IPL)治療  詳細はこちら→
が効果的です。

 

治療費はこちらへ→

まとめ

シミには肝斑・遅発性太田母斑・色素沈着・老人性色素斑・ソバカスがあります。
これらのシミは単独で又は混ざり合って存在しています。

シミはタイプによって治療法が異なりますので、専門医の診察を受けられることが大切です。

当クリニックは県内でも有数のレーザー機器を所有し、たくさんの治療を行っています。


 


やまもと形成外科クリニック
安心 信頼 満足 形成・美容医療の最先端!豊富な経験で美をサポートいたします。
当日の予約も可能です 新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
お電話でのご予約をお待ちしております
電話:0252232926
カード、ローンご利用いただけます。
 
やまもと形成外科クリニックHP毎月のお得な情報 こちらをチェク☆併設:眼瞼下垂センター詳しくは☆クリニックLINE@お友達募集中
   

*メールでの問い合わせはこちら