• 信頼・安心・実績のクリニック

シワの原因となる代表的な7つのNG習慣

 

年齢とともに気になるお顔のシワ

歳をとったから仕方がないと思われてるいますが、年齢以外にシワの原因になっていることがあります。

この事を知っていると、シワを抑えることができます。

 


1.タバコを吸う

百害あって一利なしのタバコ。
体全体の健康状態だけでなく、肌にも大きな影響を及ぼします。

その代表が「顔のシワ」。
片方がタバコを吸い、もう片方が吸わない双子を題材とした老化の研究では、同じDNAを持っているのに、そのシワの数が驚くほど違ったそうです。

タバコ吸っている女性は一見カッコよく見えますが、お肌はシワやタルミが多いです。
やはり百害あって一利なし。タバコを購入するお金で抗酸化ビタミンの含まれている化粧品を買われてはいかがでしょうか。


2.間違った食生活

自分が食べたものは、そのまま美容や健康に表れてくるものです。
砂糖が多い食品や、血糖値を急激に上げる食品を食べ続けていると、体重の目盛りとなって表れるばかりか、肌にも悪影響が出るそうです。

甘いものは別バラですが、残念ながら肌には別肌ではありません。

 


3.アルコール

赤ワイン1杯程度なら健康や美容によい効果があるかもしれませんが、一般的に飲酒は肌の水分を奪う大きな原因となります。
水分が奪われ肌がかさかさに乾燥すると、シワの原因になりますよ!

飲みすぎには注意しましょう。

 


4.ガムを噛む

ガムをよく噛む人は顔の下半分にシワが出来やすいとの報告があります。ホウレイ線の原因のひとつとも考えられています。

また、ガムを噛み続けると頬の筋肉が肥大して、えらが張ることはあります。

注意が必要です。

 


5.化粧を落とさないで寝る

メイクや肌の汚れは顔の毛穴にもぐり込み、老化をはやめます。
寝る前には化粧を落とすことは重要です。

ただ、十分に落とさなければと考えて、擦りすぎる方も多いようです。
擦りすぎはシミの原因にもなります。

 


6.化粧の際に皮膚を伸ばす

あるメークアップ・アーティストが、「メイクは普段の顔のままするべきで、唇を伸ばしたり、眉毛を上げてマスカラを塗ったり、アイライナーをつけるとき目を引っ張ったりすると、シワの原因になる」と指摘しています。

 


7.間違った向きで寝る

顔を枕にべったりつけたまま眠ると、顔のシワの原因になるそうです。これを防ぐためには、つるりとして滑りがよく、顔が一定の場所にとどまらないサテンの枕カバーを使うのがよいとのことです。

顔を枕につけず、仰向けで寝るのもシワを防ぐコツです。

 

まとめ

シワの原因となる“代表的なNG習慣7つ

この7つを避ければ シワの少ない肌が得られます。
毎日の事 続ければ必ず素敵なお肌を保つ事ができます。

当クリニックでは、シワの治療だけでなく、予防方法もご指導します。


 

*クリニックの案内

やまもと形成外科クリニック
安心 信頼 満足 形成・美容医療の最先端!豊富な経験で美をサポートいたします。
新潟市中央区本町7番町1085 アクセ
お電話でのご予約をお待ちしております
電話:0252232926
当日の予約も可能です
カード、ローンご利用いただけます。
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂センター
クリニックLINE@お友達募集中
お問い合わせはこちらから

*メールでの問い合わせはこちら