にきび,にきび痕!諦めないで最新治療で解決します


ニキビについて

ニキビは発生した初期の段階では 内服薬と外用薬で改善しますが、これを継続してもなかなかな治らないこともニキビの特徴です。ほとんどの方はニキビだからこんなものと放置していたり、放置した結果ニキビが悪化しニキビ痕になってまう方もいます。
深刻な重症ニキビ、ニキビ跡のにならないためにも正しい知識とケアが必要になります。

なかなか治らない重症なにきび、深刻に悩みです。

誰しも一度は経験するニキビ。誰にでもできるためか軽視されがちなのもニキビ。
ニキビの多くは顔で発生するため、悪化すると自己評価が低くなっていまったり、人に顔を見られるのに抵抗を感じたり、職場や学校にいけなくなってしまったとういう方もいらしゃいます。


ニキビができるプロセス

  1. ニキビのでき始め:男性ホルモンや皮脂の分解産物の影響で、角層が角化異常を起し毛穴の出口が狭くなってくる
  2. 白ニキビができる:毛穴ので口が狭くなると皮脂が毛穴の中にたままり、それをエサにアクネ菌が繁殖して毛穴内の炎症を起します。
  3. 炎症が起こる:炎症が起こると毛穴の周りで赤く盛り上がります。そのため毛穴の中や周りに白血球が集まり、アクネ菌を攻撃し始めます。
  4. ニキビ痕ができる:炎症が進むと毛穴の壁が壊れて炎症が広がります。炎症が強くなりすぎると傷となり、その後凹んだ痕が残ったりします。

一般的な皮膚科のニキビ治療

一般的にはニキビ治療は皮膚科で処方される内服と塗り薬で効果があらわれますが、効果が得られるまでには時間がかかったり、ほとんど改善しない難治性のニキビもあります。


健康保険治療でにきび治療

1.内服薬:  抗生剤、ビタミンB2・B6・C、漢方

2.外用薬: アダパレン、抗生物質配合ローション


にきびのこんなお悩みの方に新しい治療をオススメします。

  1. 一般の抗生剤内服や軟膏治療では改善のない方
  2. 中程度から重症の方
  3. 胸や背中・お尻のニキビでお悩みの方
  4. 大人のニキビの方

形成外科では難治性ニキビに対して積極的な治療を行っています。

治療費について

ニキビの治療は短期間で終わるものではなく、長期的治療が必要となります。
それに伴って保険診療といえども治療費がかかります。

また、最新治療は保険外診療ですが、なかなか治らないニキビに対しては大変効果がありますが、患者さんや保護者の方の負担も大きくなります。

当院では最新の治療を少しでも受けやすく、また継続できる治療費で行っています。
内服・外用薬ご希望であればお知らせください。
*自由診療との同日の治療はお受けできません(混合診療)

1.形成外科のニキビ治療の特徴

当医院の場合

  1. にきびの初期には保険診療での治療を行います。
  2. 患者さんのニキビの状態に合わせて最適な治療を行っています。
  3. 保険外診療の最新の治療もできる限りリーズナブルな治療費で行っています。
  4. 通院間隔も患者さんの状況に合わせ予約制で行っています。
  5. 自宅でもできる治療もお薦めしています。
  6. ニキビ跡に対しては最新のレーザー機器と光治療を組み合わせて行っています。

 


⒊ニキビ解決の最新の治療法

3-1.サリチル酸マクロゴールピーリング

ニキビは毛孔が塞がり面皰(めんぽう)ができ、非炎症性ニキビが発生し、その後毛孔の閉塞による毛包漏斗部に炎症が起きるとの炎症性ニキビが発生します。
そして炎症が表皮に波及すれば色素沈着と瘢痕を形成します。

ピーリングはニキビの初期病変の毛孔閉塞を除去によることでニキビを改善と面皰除去によるニキビの新生抑制し、ニキビ跡の予防にもなります。

ピーリングにはいろいろな薬剤が使用されていますが、当クリニックで使用しているサリチル酸マクロゴールは痛み・赤み・皮膚のただれなの副作用がほとんど見られないのが特徴です。

治療費

クリニックによって価格が異なります。
事前に確認されることをおすすめいたします。

当医院の場合
両頬 3000円(税抜き)
施術時間5分,1か月に1回

3-2.レーザーフェイシャル

使用機器:ロングパルスアレキサンドライトレーザー

効果:レーザーの熱によりアクネ菌を殺菌し、ニキビの原因を取り除きます。

このレーザーのもう一つの効果の一つに脱毛あります。ニキビは毛孔に発生しますが、顔の脱毛を行うことでニキビの発生を抑えます。

治療費

クリニックによって価格が異なります。
事前に確認されることをおすすめいたします。

当医院の場合
両頬 3000円(税抜き)
施術時間10分,1か月に2回

3-3.クリアータッチS

ニキビ専用の光治療器

2つの光の相乗効果と温熱効果により、ニキビを改善し、再発を抑えます。


殺菌作用(青色光)

毛包や皮脂腺内のアクネ桿菌が作り出すポルフィリンに対して、波長415nm付近の青色光を照射すると活性酸素が発生してアクネ桿菌自体を死滅させます。

また、皮脂腺にもダメージを与えることで、過剰な分泌を抑えニキビの発生を抑えます。


抗炎症作用(赤色光)

炎症を抑える波長660nm付近の赤色光が血管やニキビの赤みに吸収され、炎症性のニキビやニキビ跡の赤みを抑えます。


温熱効果

50~60度の熱でアクネ桿菌や表皮ブドウ球菌、その他のバクテリアの菌を殺菌し、また角栓を溶解する作用があります。


治療費

クリニックによって価格がかなり異なります。
全顔:8,000円〜10,000円
事前に確認されることをおすすめいたします。

当医院の場合
両頬・顎・おでこ:各3000円(税抜き)
両頬・顎・おでこのうち2カ所の場合:4000円(税抜き)
顔全体:5000円(税抜き)
1週間に1回を合計8回受けられえることをお薦めします。

 

3-4.スムースビーム(ニキビレーザー)

アメリカの医療機器メーカーのキャンデラ社が開発した波長1450nmのダイオードレーザーで、米国FDA(アメリカ食品食品医薬局)でニキビ治療レーザーとしての許可を得ています。


作用原理

スムースビームの光は、皮膚の水分や皮脂に対して良く吸収されるため、水分や皮脂を多く含む皮脂腺に効率よく熱ダメージを与えることができます。

その結果、真皮上層に熱エネルギーが集まり、皮脂腺に熱損傷を与えることによって ニキビを早く改善させ、またニキビの出来にくい肌を作り上げます。


治療効果

光エネルギーにより皮脂腺を破壊し、皮脂の過多や角栓による毛穴の閉塞を除去し、難治性の炎症性ニキビを早めに治します。

また、皮脂がでにくくなりオイリー肌を改善するレーザー治療として注目されています。

単独またはケミカルピーリングやレーザーフェイフェイシャルとの併用によりより効果が得られます。


適応

フェイスライン等の難治性のニキビを減らしたい方
くり返しできる治りにくい背中や胸元のニキビにお悩みの方


施術手順

1.痛みに弱い方は、冷却しながら照射します。

2.レーザー照射
赤く腫れたニキビだけを選んで1つずつ照射していきます。

3.照射後に冷却(5~10分程度)

4.軟膏塗布

治療費

クリニックによって価格がかなり異なります。変わります。

事前に確認されることをおすすめいたします。

1か所400円(税抜き)

治療間隔:2週~3週に1回

3-5.フラクショナル炭酸ガスレーザーでニキビ跡の治療

凹凸のあるニキビ跡に適応です。

作用機序

炭酸ガスレーザーは、10,600nm(ナノメートル)という水分に吸収されやすい波長をもち、肌に含まれる水分に吸収されて皮膚を蒸散させて削ったり、穴を開けたりする作用があります。その性質を応用してニキビ跡の治療を行います。

フラクショナルレーザーをニキビ跡に照射すると、点状に無数の微細な穴があき、その穴を治すために皮膚の成長因子が放出され皮膚の新生やコラーゲンの増生の働きが起こります。

この働きによりニキビ跡の萎縮した瘢痕組織も徐々に入れ替えられることで改善されて行きます。


手順

1)照射部位に麻酔テープを貼り約30分程待ちます。
2)レーザー照射します。
3)約20分程冷却します。
4)時に点状の出血が起こることもありますが、4〜5日で治ります。
5)照射後は痛みや炎症を抑えるクリームを塗ります。


術後ケア

1)治療後24時間は照射部を濡らしたり、洗顔するのはお控えください。
2)その後は洗顔やメイクも可能ですが、あまり擦らない程度にしてください。
3)赤みが続く場合は炎症を抑えるクリームを数日間使用してください。
4)その後は傷用クリームを1~2ヶ月使用し、その上から日焼け止めクリームも合わせて使用してください。
5)時に点状の出血が起こることがありますが、4~5日で治まります。

照射間隔:約2か月に1回

治療費:レーザー照射代
クリニックによって価格がかなり変わります。
全顔:60,000〜100,000円
事前に確認されることをおすすめいたします。

当医院の場合
両頬:1回15,000円(税抜き)

麻酔代: 1,000円(税抜き)

4.お薦めホームケア用高濃度ビタミンCローション

ビタミンCでニキビが改善される理由

1)赤く腫れたニキビの炎症を和らげる働きがある。

2)毛穴に詰まった皮脂や汚れを毛穴から除去し活性酸素の働きを活発にさせる。

3)ニキビにより生じた色素沈着の原因になるメラニンを抑制する働きがある。

ビタミンCの入った化粧品

これらの理由からビタミンCの入った化粧品が使われていいますが、通常のビタミンCは酸化されやすく不安定なため皮膚からの吸収も少量です。

また、一般的に化粧品に使われているビタミンC誘導体は低濃度配合のため、十分な効果を得ることができません。

当クリニックのオリジナルビタミンCは、ビタミンC誘導体(リン酸L-アスコルビルマグネシウム)を高濃度に配合したローションで、経皮吸収型のビタミンCとして安定型で酸化しにくく肌への刺激も少なく多くの効果が期待されます。

通常のビタミンCの約10倍の濃度があります。

高濃度ビタミンC
1本 5500円(税抜き

5.症例

症例 25歳 女性  炎症性ニキビ
ケミカルピーリングとレーザーフェイシャルを併用した治療を4回行いました。

 

治療前         治療後

かなりの改善が見られ患者さまには満足していただきました。


症例 27歳 女性 ニキビ跡
フラクショナル炭酸ガスレーザーを1~2か月間隔で5回照射しました。

治療前        治療後4か月

完全にはニキビ跡はなくなってはいませんが、かなり改善し患者さんは満足されています。

まとめ

  1. 抗生剤内服や軟膏治療では改善が見られない方
  2. 中程度から重症の方
  3. 胸や背中・お尻のニキビでお悩みの方
  4. 大人のニキビの方

1〜4でお悩みの患者様にケミカルピーリング・レーザーフェイシャル・クリアータッチ・スムースビームなどを用いた積極的な治療を行い、いろいろ角度のアプローチを試みます。

また、ニキビあとに対してはフラクショナル炭酸ガスレーザーを用いた治療も行っています。

諦めていたニキビやニキビ跡の治療をもう一度始めませんか。
悩んでいらっる方、まずはご相談くさい。

選べる治療で、ニキビで悩まされない日々をい送れます。


電話でのお問い合わせご予約はこちらから↓


お肌とまぶたのクリニック
やまもと形成外科クリニック
形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科
見た目を自信につなげる
豊富な経験と確かな技術
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜  10:00~17:00
休診日:日曜・祝日・年末年始

当日の予約も可能です

クリニックLINE@お友達募集中
新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
📞キャンセル・ご変更は3日前午前中までにご連絡ください。
クレジットカードご利用いただけます。
📨お問い合わせ / アクセス
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂治療
*クリニック院内
保険が適応できるものはできるだけ保険で治療を行います((形成外科・皮膚科)。
保険であっても、美容(見た目)を配慮した治療を行います。
形成外科医としてケガ、傷あと、まぶたのトラブル(眼瞼下垂・逆さまつ毛)、皮膚腫瘍の治療は専門的治療を行っています。
また、子供の外見的な形態異常、ケガ、傷あとの治療には特に力を入れています。
当院の診療には保険診療と自由診療がございます。美容治療はすべて自由診療となっております。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします