• 形成外科,美容外科,美容皮膚科,お肌とまぶたのクリニック

ピアスホールトラブル4つの症状 治療は形成外科専門医に

最近は、多くの方がピアスをされるようになりました。それに伴ってピアスホールトラブルも増えてきています。 最初はわずかな炎症症状だったものが、徐々悪化してできものにまでなることもあります。 症状はピアス …

続きを読む


私の行っている耳垂部ピアスケロイドに対するくりぬき法の工夫

  ピアスケロイドの外科的切除法はいくつかありますが、大きいケロイドの場合は切除により耳の形が変形してしまいます。 私のこの方法は、変形を小さくする方法です。   <目的>耳垂部ピ …

続きを読む


耳垂部ピアスケロイドに対する外科的治療とその長期結果

2013年の日本形成外科学会ではピアスケロイドに関する演題を2つ発表してました。 1題はシンポジュームでした。ピアスケロイドが増えてきたため一つのシンポジュームとして企画されました。 シンポジュームよ …

続きを読む


耳介部多発ピアスケロイド13例の検討

最近は耳にピアスをたくさんされる方が増えています。 それに伴って多発ピアスケロイドの患者さんの増えてきています。   <目的>最近は、片側耳介に多くのピアスを行なうことがあり、それに伴い多発 …

続きを読む


耳垂部ピアスケロイド術後再発3例の検討

ピアスケロイドの治療は決し簡単ではありません。 手術後の後治療が重要です。しかし、その後療法を行わない患者さんもおられます。 そのような患者さんの3名を発表しました。   <目的> 耳垂部ピ …

続きを読む


No Image

耳垂部以外の耳介部ピアスケロイドの検討

<目的>近年、ピアス型イアリングの装着が急速に浸透し、それに伴い耳垂部のピアスケロイドが生じている。一方、耳垂部以外の耳介ピアスケロイドは耳垂部に比べて少ないが、ボディピアスの流行につれてその数が増え …

続きを読む


No Image

日本形成外科学会学術総会でのピアスケロイド治療の発表1

日本形成外科学会学術総会は毎年行われる形成外科医の学術学会です。 私はこれまで「ピアスケロイド」に関する発表を行った来ましたし、これからも行う予定です。 これまで発表してきた演題をご紹介します。 &n …

続きを読む


No Image

レーザーフェイシャルへの質問

最近はレーザーフェイシャルについてばかりお話していますが、それはこの治療を多くの女性に知っていただきたいからです。   この施術を初めて10年になりますが、相変わらず継続して受けられている方も多くおら …

続きを読む