形成外科

形成外科とは

整形外科や美容整形と似ているこの「形成外科」は一言で言えば「形をつくる外科」といえます。体の表面の先天異常や交通事故・仕事・スポーツなどにより発生したケガ、やけど、癌などの腫瘍手術後の変形、また年をとるとともに生じるシワなどの後天的異常を対象とし、機能ばかりでなく形態をも修復再生することにより、患者さんの心の悩みを解放し、社会生活に適応していただく事を目的とした外科といえます。 従来の医療が患者さんの病気を治し、苦痛を取り除くのに主眼をおいていたのに対し、形成外科は形態、すなわち「見た目」から生じる精神的苦痛も治療しますので、精神外科ともいわれます。

診療科目

頭部 切り傷 創あと はげ 頭蓋変形 骨欠損
顔面 顔のケガ・傷あとクリニック
切り傷 擦り傷 咬傷 顔面骨骨折(鼻骨・頬骨・顎骨・眼窩骨)眼瞼下垂 さかさまつ毛 顔面神経麻痺 顔面変形 唇裂とその後の変形 耳・鼻の変形
皮膚 ひふ腫瘍 ケロイド 傷あと やけど やけどあと
胸腹部 乳房変形 陥没乳頭 へその変形 手術あと
手足 巻き爪 陥入爪 多指症 合指症

診療内容

傷・傷跡
普通、人の皮膚は傷を受けると必ず傷あとが残ります。その傷あとの程度は、傷の種類・大きさ・部位の他に傷を受けた本人の年齢・性別・体質・病気の有無などによっても異なってきます。
やけど
やけどは極めてありふれた外傷ですが、多くの問題が生じますので、小範囲でも専門の先生の治療を受ける事が必要です。
眼瞼下垂
眼瞼下垂は、まぶたが下がって目を開ける事ができにくくなり、物が見えにくくなる場合を言います。
巻き爪
巻き爪ワイヤー法は、爪に穴を開けて超合金でできたワイヤーを通すだけの痛みがなく簡単で効果的な治療法です。
耳の形
耳の変形は生きていく上では支障はありませんが、隠せない顔にあるため見た目からくる精神的ストレスは本人以外には判らないものがあります。少しでも気になればご相談下さい。
逆さまつげ
治療は軽度の場合は二重まぶたを作ることで改善します手術は局所麻酔で可能ですので、入院の必要はありません。

整形外科や美容外科との違い

一般には「整形外科」との違いははっきりされていませんが、整形外科が体の土台である躯幹や四肢の骨・筋肉を扱うのに対して、全身の皮膚・軟部組織や顔面骨を扱うのが形成外科といえます。

一方、「美容整形」は美容を目的に、もともと正常な体にメスを加えることです。ただしこの美容整形という名称は正式なものではなく、医療法では「美容外科」と呼ぶように定められています。そこでよく形成外科=美容外科と思われがちですが、実は美容外科は形成外科の中に含まれている分野であり、形成外科的 知識や技術を用いて行われるものです。