形成外科 逆さまつげ

逆さまつげ

逆さまつげとは、まつげが内反し眼球に接触する状態を言い、医学的には睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)と言われます。
まつげが内側にまくれる、それにつれて逆さになったまつげが角膜を刺激して、チクチクとした痛みや充血、目ヤニや涙が多く出る場合などがあります。ひどくなると視力障害を引き起こす場合もあります。

上下のまぶたにみられますが、下まぶたに多く鼻側で強くみられます。若い人では一重まぶたの人に多くみられますが、年をとってからもまぶたの皮膚がたるんだために起こることもあります。

治療は軽度の場合は二重まぶたを作ることで改善しますが、重症の場合は、まぶたの皮膚を切除が必要となります。手術は局所麻酔で可能ですので、入院の必要はありません。