形成外科 巻き爪

巻き爪ワイヤー治療

ワイヤー法は、爪に穴を開けて超合金でできたワイヤーを通すだけの痛みがなく簡単で効果的な治療法です。当院で扱うワイヤーは超弾性ワイヤーで、ニッケル・チタン合金でできたものです。このワイヤーは強い復元力を持っているため、強く曲げても元のまっすぐな状態に戻ろうとすることで、変形した爪が矯正されていきます。効果はすぐに現れ、爪の食い込みが解消されるためにワイヤー装着直後より痛みがなくなります。

爪の伸び具合によって、1〜2ヵ月後に爪を切り、再度新しいワイヤーを挿入します。

再発を防ぐためには根っこ近くの1/3〜1/2まで矯正することをおすすめします。

  定価
巻き爪ワイヤー治療 1ヶ所につき 5,000
(税抜き)

巻き爪ワイヤー治療のメリット・デメリット

メリット

  • 麻酔を使わないため治療中はもちろん、治療後も痛みはありません。
  • 治療時間は約10分と短時間です。
  • 小児〜高齢者まで年齢制限がありません。

デメリット

  • 治療終了までに長期間かかります。
    ※この治療は爪が伸びることで巻き爪が矯正されますが、足の爪は1ヶ月に1〜2mmしか伸びないため治療期間が長くなります。
  • ワイヤー装着終了後も深爪、合わない靴、外傷などにより再発することもあります。
  • 保険外診療となります。
  • ワイヤーの矯正力は強いため、爪が割れることがあります。その場合は再び爪が伸びるのを待ってから再度入れ直します。