子供のけがと先天異常 外傷の応急処置

ケガをした時

ケガをした時のチェックポイント

  • 異物(ガラス・とげ・釘)が深くささっていますか?
  • ひどい出血ですか?
  • どんな動物や虫にかまれた(咬傷)?

擦り傷の応急処置

  • 傷口の土や砂が残らないように水でよく洗います。
  • 砂などが残ると皮膚に黒色がついたようになります。傷のあとが色のついた状態で残る可能性が高いので病院で処理した方がよいと思われます。
  • 洗ったら、消毒したあと清潔なガーゼで覆います。

切り傷の応急処置

  • 傷口の中まで、汚れがある場合は流水で洗い流します。
  • 傷の上に滅菌ガーゼで圧迫します。

刺し傷の応急処置

  • 消毒した針やピンセットで刺さった物を抜き、傷の周りを押し少量の血をだします。
  • 消毒して絆創膏を貼ります。
  • 物が深く刺さって多量の出血の可能性がある場合は、無理には抜かずにそのままにして病院を受診します。

こんなときは病院で受診しましょう

出血がひどい時

  • 傷口の場所を確かめて、滅菌ガーゼなどで傷の上から圧迫する。
  • 出血が止まらないときは、傷口より心臓に近い動脈を圧迫する。
  • 傷口を心臓より高い位置にする。
  • 止血の手当てをしたらすぐに病院を受診する。

ガラスやさびた釘が深く刺さってしまった時

  • ガラスの破片を抜かずにそのまま病院を受診する。
  • 細かいガラスの破片の場合、衣服や髪の毛についた破片はそっと払いのけ、皮膚はそのままにして病院を受診する。
  • さびた釘は抜き、血を絞り出し消毒はせずに滅菌ガーゼをあて病院を受診する。
  • 釘が抜けない場合無理して抜かない。
  • 傷口がジクジクして治らないときは、化膿してる可能性が高いので病院を受診する。

動物や虫に咬まれた場合

  • 傷口の場所を確かめて、滅菌ガーゼなどで傷の上から圧迫する。
  • 皮膚がちぎれた場合は、水に濡らしたガーゼに包み、ビニール袋に入れ、これを氷水に浸して病院に持参する。決して直接氷水には入れない。
  • 蜂、蛇、ムカデなどに咬まれた場合は、咬んだものを確認するため。可能なら捕まえて持参する。

傷と傷あと

子供のケガは親がどんなに、注意していてもなかなか防げるものではありません。ほんの少しの不注意から大きな事故をまねき、取り返しのつかない場合があります。そんな時に一番大切になるのが、ケガをした後どんな処置を行なうかで、ケガの経過が随分と変わってくる事です。専門医による適切な治療、場合によっては長期の経過観察が必要です。