アートメイクと感染症


刺青除去で来院された患者さんの中には、

 

B型やC型肝炎の感染

 

されている方がおられます。

 

昔はかなりの割合で感染していとのですが、最近は衛生管理が向上したためにかなり減少してきました。

 

とは言って完全に予防できるわけではありませんが。

 

感染の原因はもちろん 「使用した針」の使い回しです。

 

すべて使い捨ての針で行なえば問題ないのですが、そうなると経費がかかり施術料が高くなります。 そ こで使用した針を洗って(消毒ではありません)再度使用することになります。

 

最近ほど、消毒の考えや消毒機器がなかったためですが!!!!

消毒法としていは、使用した器具を流水により十分に洗浄したのち、高温度で煮沸することです。

現在はオートクレーブといわれる消毒機器が中心ですが。

 

さて、アートメイクですが、針や染料などは「使い捨て」を使用されているようですので、刺青に比べると感染はほとんどに無いようです。

また、機会を使ったアートメイクの場合も皮膚に付く先端は消毒させているとのことです。

 

ただ、10年以上前は、最近のように衛生に気をつけわけではありませんので、感染の可能性は否定できません。

 

10年以上前にアートメイクを入れられて方でご心配の方は、健康診断の際に調べてもらっては如何でしょうか。

 

 

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です