私が手術をお断りする場合  パート2


希望内容が暖味な患者さんの場合

 

以前、初めて診察室に来られて患者さんは 清水の舞台から飛びおりた気持ち   と書いたことがあります。

 

お腹痛い、熱がある せきが止まらない  などの症状であればクリニックを受診するのに何ら抵抗もなく、担当医にもはっきり症状を伝えることができます。

 

しかし、二重瞼やしわとり手術などを希望される場合は、そうはいきません。

 

診察室で、お腹が痛いとか咳が止まらないなどと同じように、

このシミを取ってほしい、
頬のこの部分のたるみを改善してほしい

 

と言って頂ければ、具体的な治療法を提案できます。しかし、

とても 曖昧な表現をされる患者さんもおられます。

 

1)若くしてください。

 

2)女性から好かれる顔にしてください。

 

3)おまかせします。

 

どこを  何を どのように などを私が考えなければならない場合もあります。

 

でも、これ おかしいですよね。気にしているのは患者さんなのに、私が患者さんの顔も見ながら私の主観で判断すること。

 

残念ですが、希望内容が暖味な患者さんには、「具体的な事が決まったらまた受診してください」と言っています

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA