今月のお得な施術 campain

今月のお得な施術

キャンペーンのお知らせ

タトゥー/刺青治療 irezumi-tatoo

タトゥー/刺青治療

タトゥー/刺青治療


眼瞼下垂治療の予約から手術後までの流れ これを知ることで不安が軽減


手術を受けることは誰でも怖いことで、できれば受けたくありません。

そう言う私も、数年前に両側の眼瞼下垂の手術を受けたのですが、受けるまでは周囲の形成外科医から何度も手術を薦めらえていましたが、「忙しい」こと、不安でもあることから手術を先延ばしにしていました。

手術を行っている私でさえこのような気持ちですので、一般の方が手術を先延ばしにして、できれば手術は受けたくないと思われる気持ちは十分にわかります。

そこで、そこで少しでも不安な気持ちが軽くなるのではないかと思い、当クリニックでの眼瞼下垂の診察から手術後までのk過程を書いてみます。


1.予約方法

当クリニックでは診察は毎日行っています。予約制ですので、お電話でご予約ください。
また、手術を受けられるかどうかは、診察後にお考えください。
無理に手術を薦めることは決してありませんので、ご安心ください。
また、ご不明なことがございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。

ご不明なことがございましたら、ご遠慮なくお尋ねください

📞025-223-2926
お問い合わせフォーム
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜 10:00~17:00
休診日 日曜・祝日・年末年始

 

 


 

2.外来診察

待合室で問診表および眼瞼下垂表をお渡ししますのでお書きください。
予約制ですので、比較的他の患者さんと一緒になることは多くはありません。

成人の方は、可能なら若い頃のお写真をお持ちください。診断の助けになることがあります。
*若いことはパッチリとして目でしたら、加齢性眼瞼下垂の場合が多いです。また、小さいころからまぶたが下がっている場合は 先天性眼瞼下垂のことがあります。

手術をご希望の方は、術前に眼科を受診して頂き、ドライアイの有無・視力・角膜の傷の有無などを検査して頂きます。
特に、ドライアイは術後に変化することがありますのでとても重要です。

手術当日の予定は、記載した冊子をお渡しします。


3.手術当日

手術当日は30分前に受診されてください。

手術着に着替えて頂いた後に 血圧測定と検温を行います。

不安な方は担当の看護婦と会話をされてください。不安が少しい解消されると思いますう。

3-1.手術手順

1)デザイン
2)麻酔の目薬と局所麻酔
3)炭酸ガスレーザーメスにより皮膚および眼輪筋の切除
4)瞼板の確認
5)眼瞼挙筋腱膜の確認
6)挙筋腱膜を前転し瞼板への固定
7)瞼の状態の確認
8)反対側の手術
9)座位にて両目の確認    左右差がある場合はすぐに修正します。
10)二重まぶたを作りながら皮膚縫合

片目で40分程度、両目では1時間10分程度です。
手術中はほとんど痛みはありません。
手術直後はまぶたが挙がりやすくなりますが、次第に腫れのためにまぶたが重たく感じてきます。
痛み止めを処方しますので、痛みがあればお飲みください。

3-2.手術後の処置

手術終了後 30分ほど冷却します。

冷却後 傷に軟膏を塗りガーゼをテープで固定します。
ガーぜを当てたお顔を見られることに抵抗がある方は、 サングラスを持参ください。

翌日の診察時間を予約してお帰りください。
当日はシャワー・入浴や 飲酒はお控えください。出血の原因となります。


4.翌日からの検診

手術翌日に受診していただき、患部の確認をします。

この日より入浴は可能となりますが、洗顔は手術3日目から(月曜日に手術の場合は水曜日)可能です。

手術後1週間目で縫合した糸をとります。

その後は1か月後 3か月後 半年後に確認の診察を予定しています


5.まとめ

眼瞼下垂の治療は受けたいけれど、不安な気持ちのために手術を先延ばしにされている患者さんが多いと思います。

実際の手術手順がわかれば 少しでも不安は少なくなるかと思います。

まずは、診察だけ受けられ、それから実際に受けられるかどうか決められては如何でしょうか。

ご不明な点がありましたら、ご遠慮なく下記のフォームよりご質問ください。

 

*クリニックの案内

お肌とまぶたのクリニック
やまもと形成外科クリニック
形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科
見た目を自信につなげる
豊富な経験と確かな技術
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜  10:00~17:00
休診日:日曜・祝日・年末年始

当日の予約も可能です

クリニックLINE@お友達募集中
新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
📞キャンセル・ご変更は2日前までにご連絡ください。
クレジットカードご利用いただけます。
📨お問い合わせ / アクセス
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂治療
*クリニック院内
保険が適応できるものはできるだけ保険で治療を行います((形成外科・皮膚科)。
保険であっても、美容(見た目)を配慮した治療を行います。
形成外科医としてケガ、傷あと、まぶたのトラブル(眼瞼下垂・逆さまつ毛)、皮膚腫瘍の治療は専門的治療を行っています。
また、子供の外見的な形態異常、ケガ、傷あとの治療には特に力を入れています。
当院の診療には保険診療と自由診療がございます。美容治療はすべて自由診療となっております。

*メールでの問い合わせはこちら

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします