逆さまつげの手術法・治療費・治療期間を徹底解説 / 痛みのない目に


1逆さまつげとは

目の縁に沿って生えているまつ毛は、目にゴミや虫などが入ろうとすると、すぐに察知して、まぶたを閉じる目のガードマンのようなものです。

通常、まつ毛は外側に向いて生えていますが、内側の角膜(黒目)の方向に向かって生えている状態を逆さまつげと言います。

逆さまつげは目に何も症状がなければ、そのまま放置しておいてもかまいませんが、まつ毛が角膜(黒目)にあたり傷つけるといろいろな症状が起きてきます。

⒉逆さまつげ 上まぶたと下まぶたで原因は違います。

2-1.上まぶたの逆さまつげの原因

上まぶたには、まつ毛を外側に立たせる組織がります。この組織は上まぶたを挙げる筋肉である眼瞼挙筋と繋がっていて、目を開けるとこの筋肉が収縮するに伴って、この組織も引っ張られてまつ毛が外側に挙げられます。

まつ毛を外側に立たせる組織が欠損

まつ毛を外側に立たせる組織が欠損しているために、目を開けてもまつ毛が外側に挙らないために起こります。


・眼瞼下垂というまぶたを挙げる筋肉の働きが弱っている場合

まつ毛を外側に立たせる組織は正常であっても、まぶたが十分に開かないためにまつ毛が外側に挙らないで起こります。


・年配の場合

皮下脂肪が少なくなり上まぶたがやせてたるんでくると、まつ毛が内側に向かい角膜を傷つけるようになります。


2-2.下まぶたの逆さまつげの原因

・まつ毛を外側に立たせる組織 の欠損

日常生活では私たちは、上を見るより下を見る方が多いです。そのためまつ毛が内側を向いて眼球に触れることが多くなり、症状も強くなります。


・子ども場合

子どもの下まぶたは、もともと膨らんでいて、まつ毛が内側に入っていることがあります。しかし、症状が少なく3~5歳頃までには自然に治っていきます。
ただ、目をよくこすったり、まばたきをする回数が多い場合は、逆さまつげのことがありますので注意が必要です。

下まぶたの逆さまつげは、上まぶたの症状よりかなり強いため、積極的な治療が必要です

⒊逆さまつげによる6つの問題点

  • 痛みが起き赤くなる目をこする(異物感)
  • 涙が出やすい
  • 目やにが出る
  • 光がまぶしく感じる
  • まばたきが多くなる

以上の症状が出る場合は、早めの治療が必要です。

4.やっていけない逆さまつげの自己処理

逆さまつげが気になる方がよくやられるのが、毛抜きを用いて抜いたり、切ったりすることです。

この方法で一時的に症状は回復しますが、短くなったまつ毛や新しく生えてきたまつ毛で目を傷つけたり、まぶたに炎症を起こしたりします。

数本程度の逆さまつげなら眼科で抜いてもらうこともできますが、多い場合は積極的な治療が必要です。

5.逆さまつげの程度によって異なる2つの治療法

治療法は逆さまつげの状態によって異なります。

5-1.軽度の場合は切らない糸を用いた埋没法で

  • 適応:軽度の上まぶたの逆さまつげ
  • 方法:細い糸を用い、まつげが黒目にあたっている皮膚を針で縫って止めることで二重まぶたを作る(埋没法)ことでまつ毛が上向きになります。
  • 手術時間:片側約15分です。
  • 利点:切開しないため腫れも少なく、早く普段の生活に戻ることができます
  • 欠点:糸を用いた固定ですので、糸が緩むことがあります。

5-2.重度の場合は切開法で

  • 適応:まつ毛が目の内側に大きく入り込んでいる場合や眼瞼下垂を伴っている場合
  • 方法:上まぶたおよび下まぶた共に皮膚および組織の一部を取り除いて、まつ毛が外側を向くように縫合します。また、眼瞼下垂がある場合はまぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)も同時に操作することで改善します。
  • 手術時間:片方約20分から30分です。
  • 利点:確実に逆さまつげによる痛みを軽減してくれます。
  • 欠点:術後の腫れが強く、また傷あとも残ります。

5.やまもと形成外科クリニックでは 眼科と美容外科の良さを取りいれた治療を行っています。

眼科での治療は、健康保険を用いて痛みを取ることが目的ですので、術後の見た目はあまり考慮されません。

一方、美容外科での治療は、逆さまつ毛の治療だけではなく、術後の見た目の美しさについても十分に考慮した治療が行われますが、自由診療のため治療費はかなりの高額となります。

やまもと形成外科クリニックでの逆さまつげの治療は、痛みの改善は当然ですが、見た目を考慮して治療を行っています。治療費は健康保険で行っています。ただ、健康保険で行う以上、必ずしもご希望の目の形にすることはできません.

5.逆さまつげの治療費

逆さまぶたの程度により治療法が異なり、それに応じて治療費も変わってきます。


上まぶたの場合:

眼瞼下垂を伴わない場合 :片側 約7000円〜19000円程

眼瞼下垂を伴う場合   :片側 約23000円


下まぶたの場合

片側 約7000円

通院回数:4〜6回

上記は3割負担の場合です。この他に 血液検査代・麻酔代・処方箋代が必要です。

まとめ

  • 逆さまつげは、目に何も症状がなければそのまま放置しておいてかまいませんが、まつ毛が角膜(黒目)にあたり傷つけるといろいろな症状が起きてきます。
  • 治療は埋没法と切開法とがあり、逆さまつげの状態で決まります。
  • 治療は健康保険の適用となります。
  • 逆さまつげで症状がある場合は、早目の治療をお薦めします。

ご質問のある方は、ご遠慮なく下記のフォームよりお問い合わせください。


お肌とまぶたのクリニック
やまもと形成外科クリニック
形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科
見た目を自信につなげる
豊富な経験と確かな技術
診療時間
月〜金 10:00~13:00, 14:30~19:00
土曜  10:00~17:00
休診日:日曜・祝日・年末年始

当日の予約も可能です

クリニックLINE@お友達募集中
新潟市中央区本町7番町1085 アクセス
📞キャンセル・ご変更は3日前午前中までにご連絡ください。
クレジットカードご利用いただけます。
📨お問い合わせ / アクセス
やまもと形成外科クリニックHP
眼瞼下垂治療
*クリニック院内
保険が適応できるものはできるだけ保険で治療を行います((形成外科・皮膚科)。
保険であっても、美容(見た目)を配慮した治療を行います。
形成外科医としてケガ、傷あと、まぶたのトラブル(眼瞼下垂・逆さまつ毛)、皮膚腫瘍の治療は専門的治療を行っています。
また、子供の外見的な形態異常、ケガ、傷あとの治療には特に力を入れています。
当院の診療には保険診療と自由診療がございます。美容治療はすべて自由診療となっております。

ぜひ役に立ったと思いましたらシェアお願いいたします