人生でひげ剃りに費やす時間をご存知ですか?

毎日10分間、15歳から75歳までの60年間のひげ剃り時間は
10分間×365日×60年=219000分=3650時間=約152日
152日もひげ剃りに大切な時間を使っている・・・・

ひげの濃い方の中には1日に2回ひげを剃ることもあります。
そうなると2倍の時間が必要になります。

また、理容室でのヒゲ剃り代、自宅でのカミソリ・シェイバー・ひげ剃り用ムースなども費用も60年間ではかなりの高額となります。

医療レーザー脱毛は、毎朝の髭剃りから解放されだけでなく、あなたの大切な人生の時間とお金を節約してくれます。
きっと、もっと早くすればよかったと思うはずです。

ヒゲレーザー脱毛について

当院のヒゲレーザー脱毛が選ばれる理由

  • 厚生労働省承認の脱毛機器「ジェントルレーズプロ」を使用しています。
  • 実際にヒゲ脱毛を体験した院長が、男性にしかわからないヒゲの問題を詳しく説明し、また患者さんのご希望や質問に丁寧にお答えします。
  • 院長自身が直接レーザー照射を行います。
  • 当院のヒゲ脱毛範囲は口周りだけでなく、ひげ剃りで一番剃り残しが多い顎下から喉仏までを含んだ広い範囲を照射します。
  • 料金はそのままで、ご希望の毛量・スタイルを叶えるデザイン脱毛も受けられます。
  • 完全個室による丁寧な脱毛施術と処置後のアフターケアも徹底しています。
  • 問題が発生した場合はすぐに院長が対応いたします。
  • 使用する医療機器の衛生面対策も徹底しています。
  • ヒゲの状態によっては、通常の「アレキサンドライトレーザー」に加えて「ヤグレーザー」を使ったコンビネーション照射も行います。追加料金は必要ありません。

当院で使用している医療脱毛レーザー

日本人の肌に適した「ジェントルマクスプロ」を用いた医療レーザー脱毛を行っています。

ジェントルマクスプロは波長755nmのアレキサンドライトレーザーと1,064nmのヤグレーザーを1台に搭載しています。

波長755nmのレーザー光は、メラニン色素を多く含んでいる毛に吸収され、その熱が毛の周囲の毛包・毛乳頭部を破壊して脱毛します。一方、波長1,064nmのレーザー光は表皮にあるメラニンへの吸収が少ないため、皮膚へのダメージを最小限に抑えながら脱毛を行います。

 

ジェントルマックスプロがヒゲ脱毛に適する特徴

  • 痛みが比較的少ない
  • 剛毛のヒゲに対応できる
  • 照射速度が速い
  • 照射漏れが少ない
  • アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーによるコンビネーション照射ができる

当院のヒゲ脱毛の照射範囲とその理由

鼻下〜両ほほ・もみあげ〜顎下〜喉仏と広範囲

鼻下のみ・両ほほのみ などといくつかの部位に分けて照射される医療機関がありますが、当院では上記を全てヒゲ脱毛範囲として照射します。
これは、部分ごとに照射すると照射していない部位のヒゲか時に濃くなりことがあるからです。
また、院長自身が剛毛だったため、ひげ剃りの手間をなくすためには上記範囲の照射が必要と考えました。

ヒゲ脱毛の照射間隔と回数と痛み

照射間隔

毛周期を考えると3〜4週間に1回が理想的ですが、1.5か月に1回の方も多くおられます。

照射回数

普通、ワキや腕の脱毛は平均5〜6回でかなり少なくなります。
しかし、ヒゲ脱毛の回数は7〜8回から30回以上と回数にかなり個人差があります。
この理由は分かっていませんが、解剖学的に顔は血流量が多いため痛んだ毛根が回復するためにヒゲ脱毛の回数が多くなるのではないかと考えられています。

照射時の痛みについて

冷却しながら照射を行いますが、かるく輪ゴムで弾かれたような痛みはあります。特に初回が一番強く痛みを感じますが、毛が少なくなるにつれて少なくなります。

毛の減り方の特徴

外側より唇に向かった少なくなります。また、上下唇周囲が遅くまで減りにくい傾向にあります。

施術の流れ

予約

予約制ですので、まずはご予約ください。
不安な点やお悩み、ご質問のお問い合せは事前に当HPのご予約フォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

施術の流れ

カウンセリング

院長により医療レーザー脱毛の理論・効果・回数や期間について詳しく説明いたします。

照射部位の確認と照射

脱毛希望範囲を確認後、目にゴーグルを装着しテスト照射を行って出力を決めます。問題なければ本照射となります。
照射時間は脱毛部位により10分程です。

クーリングと薬の塗布

レーザー照射後、お肌の状態をチェックしながらクーリングをします。
また、お肌の痛み・赤みを抑える薬を塗り、脱毛後の皮膚トラブルを抑えます。

レーザー照射後のアフターケアと副作用

処置後のアフターケア

脱毛部位は一時的に痒くなることがあります。その場合は、処方しましたかゆみ止めの軟膏をご使用ください。
また、お肌が乾燥しやすいので、洗顔や入浴後は保湿を行ってください。

副作用について

発赤

毛の部分が赤く反応し、発疹が出ることがあります。すべての方に生じるわけではありませんが、お肌の弱い方や敏感な方は出やすい傾向にあります。2〜3日で治りますが、1週間たっても強い赤みがある場合はご連絡ください。

やけど

レーアー機器には冷却装置が付いていいますので、やけどの可能性は少ないのですが、お肌の状態により起こることがあります。万が一やけどが生じた場合は、すぐに院長により無償で治療が行われます。

医療レーザー脱毛を受けられない方

  • 光過敏症の方
  • 1ヶ月以内に日焼けをした方
  • 肌が極端に弱い方や、施術に不安のある方

費用一覧

費用一覧

部位

料金

ヒゲ(鼻横・もみあげから喉仏まで含む) 10,000円(税抜)
顔全体(おでこから首の喉仏まで含む) 15,000円(税抜)
初診料 2,500円(税抜)
再診料 必要ありません

*初回の方はご診察からとなりますので、受付時間の30分前に来院していただきます。詳しくはお問い合わせください。

*ご来院前に必ず脱毛部分の剃毛をお願い致します。

*待合室での時間を最小限にしたい方、お急ぎの方はご予約時にお申し出ください。施術前の会計も行っております。

*やまもとクリニックでは男性専用の時間帯をもうけています。
男性専用時間                    
月曜・火曜・木曜・金曜日  17:00〜18:30
土曜日                       13:00〜14:00       16:00〜17:00

お支払い方法
現金及び各種クレジットカード(1回払いのみ)がご利用いただけます。

  • その他の部位の男性レーザー脱毛も行っています。
    部位 料金
    耳あな 5,000円(税抜)
    鼻あな 5,000円(税抜)
    えりあし 8,000円(税抜)
    乳頭周辺(5cm×5cm) 8,000円(税抜)
    胸周辺 33,600円(税抜)
    へそライン(へそのライン〜Vライン) 16,000円(税抜)
    Vライン 8,000円(税抜)
    両わき 8,000円(税抜)
    両ひじ上(肩〜ひじ、ひじは含まない) 26,000円(税抜)
    両ひじ下(ひじ〜指先まで) 26,000円(税抜)
    両ひじ下(ひざ含まない) 32,000円(税抜)
    両ひじ上(ひざから指先まで) 32,000円(税抜)
    お尻 26,000円(税抜)

よくある質問

Q何回通えばいいですか?
A

ヒゲ脱毛の回数・期間には個人差がありますが、一般的には、10回〜20回程、期間は約半年〜1年です。
中には10回未満、3〜4ヵ月程度で満足される男の方もいらっしゃいます。

Q髭を少し残すことはできますか?
A

「デザイン脱毛」という方法があり、ご希望の形に脱毛することができます。
診察時にご相談ください。