化粧でも隠せないまぶたの「ブツブツ」汗管腫

化粧でも隠すことができず、年々増えてきて気になる汗管腫

皮膚科で治療を希望しても「気にしないほうがよい」、「ほっておきなさい」、「危ない部位なので治療しないほうがよい」といわれる汗管腫

悪性の出来ものではありませんが、化粧では隠せず、女性にとっては嫌なできものです。

汗管腫とは、汗を発生させるエクリン汗腺が、真皮内で増加してできた良性の皮膚腫瘍です。
顔面、特に下まぶたに一番多く見られ、左右対称に集まって多発するために、化粧で隠せず外出を嫌がられる方もおられます。
大きさは帽針頭大から米粒大で、正常な皮膚の色か、淡い褐色をし、皮膚の表面からやや隆起しています。

発生部位と原因

前胸部、ワキなどにもありますが、一番多いのが顔面、特に下まぶたです。
散在して生じることもありますが、普通は左右対称に集まって多発します。
年齢や性別では子供や男性にも見られますが、主に思春期、または、中年以降の女性に見られます。
原因としては、遺伝性が指摘されていますが、はっきりしたことは判ってはいません。
汗管腫は悪性ではありませんので、放置しておいても構いませんが、美容的な面で治療を希望する方が多くおられます。

当院の汗管腫治療の特徴

最新式のスキャナー機能付き炭酸ガスレーザーを用い汗管腫を治療します。

炭酸ガスレーザーとは皮膚組織に含まれる水分に吸収されることで強力な熱効果を現し、腫瘍組織を限局的に破壊(蒸散)する作用があります。
汗管腫治療においては、汗管腫組織だけを出血なく、また周囲組織にダメージを与えず正常皮膚と同じ高さにすることを目的にします。

治療手順

1)局所麻酔
極細の針を用いた局所麻酔します。麻酔中の痛みは多少ありますが、レーザー照射中の痛みは全くありません。

2)炭酸ガスレーザー照射
麻酔が効いてきたら、汗管腫ひとつひとつずつにレーザーを照射して隆起している部分を平らにしていきます。
治療時間は汗管腫の数や部位で多少異なりますが、片側のまぶたで15分程です。

3)照射後の処置
照射後には傷を治す軟膏を塗布して肌色のテープを貼ります。
テープを貼られるのを嫌われる方もおられますが、傷を守るためですので、1~2日はご使用ください。
照射後の様子がご心配な方は、2~3個をテスト照射して、その結果を確認されてから残りを治療されることをお勧めします。

4)痛み止めの内服
レーザー照射後に痛みが続くのを心配される方は、治療直後に痛み止めを飲んでいただくことで痛みを抑えることができます。

アフターケア

1)テープを貼ったまま当日から洗顔・化粧やシャワーも可能です。

2)お渡しします塗り薬を翌日より1日、1~2回塗っていただきます。

3)治療のために仕事をお休みされる必要はありませんが、テープが気になる方は休日前に受けられた方が良いかと思います。

4)2週間後に診察に来ていただき、傷の状態を確認します。照射部は赤みや陥凹が3ヶ月程続き、また一時的な色素沈着を生じることがありますので、傷あと専用のクリームと日焼け止めをご使用ください。

注意事項

治療後の問題点

腫脹

まぶたの皮膚は薄く、麻酔や、レーザーの熱の影響で腫れが生じる場合がありますが、1週間程で軽減します。

赤みや色素沈着

炭酸ガスレーザーの照射後しばらくは赤みや色素沈着が生じますが、2~4か月程で消失します。その間は傷専用クリームをおすすめします。

傷あと

汗管腫におけるレーザー治療では、汗管腫の隆起している部分を平らにすることですが、傷あとが全く残らない訳ではありません。
ただ、汗管腫に比べてははるかにその部分は目立たなくなります。
さらに、まぶたは顔の中でも傷あとが目立ちにくい部分ですので、時間と共に、この傷あとも気にならなくなります。

再発

レーザー治療はあくまでも隆起している部分を平らにする事を目的とし、完全に取り除いてしまう事ではありませんので、再発の可能性はあります。しかし実際に治療を受けられた方の再発率は、それほど多くはありません。もし再発した場合は早めにレーザー治療を受けられる事をお薦めします。

新生

炭酸ガスレーザー治療でも、汗管腫の新生や増殖を抑える事はできません。
最近アメリカで開発された「ティーマインアイコンプレックス」は、汗管腫の再発や新生を抑えるのに有効なクリームとして期待が寄せられています。

ティーマインアイコンプレックス

レーザー治療は汗管腫に対して、かなり良い結果がえられていますが、治療後の腫れや赤みを嫌われる方もおられます。そのような方には「ティーマインアイコンプレックス」をお薦めします。

ティーマインアイコンプレックス

眼元のトラブルのために開発された「ティーマインアイコンプレックス」。
汗管腫を合併された患者様が使用されて、汗管腫が小さくなったり、以前よりできにくくなったという場合がありました。
目の周りのトラブルに有効な抗酸化作用の強い新成分であるグリーンティー(お茶)・アルニカ(ハーブの一種)・藻・ツタ・ビタミンK等の成分が汗管腫に有効なのかと思われますが、詳しいことは判っていません。
しかし、レーザー治療を希望されない方や、治療後の再発や新生の予防を希望されている方には、試してみる価値はあるかと思われます。

14.2g/12,000円(税抜き)

郵送によるご注文も受けつけております。お電話でお申し込みください。

 

MORE

費用一覧

費用一覧

部位 料金
汗管腫1個(2個以上から) 5,000円(税抜)
多数の場合 担当医にご確認ください。
軟膏代 500円(税抜)
テープ代 500円(税抜)
ティーマイン・アイコンプレックス 12,000円(税抜)
初診料 2,500円(税抜)
再診料 500円(税抜)