費用一覧

診療名 料金
副耳治療(保険適応) 健康保険の負担率で異なります。

費用は健康保険の適応です。
乳幼児の場合は、乳幼児医療費助成適用になる事があります。

一番多い耳の変形は副耳です。

耳の変形で一番多いのが副耳(ふくじ)です。

生まれた時から耳の前や頬にイボのように突起しているものです。

機能的障害はありませんが、見た目を気にされ治療を受けられる方が多いです。

副耳とは

生まれた時から耳の前や頬にイボのように突起しているものです。

約1.5%の割合で見られます。

片側の場合が多いのですが、両側に見られることもあります。

通常の耳には、皮膚の下に硬い軟膏(耳介軟膏)があり、それが耳の形を作っていますが、副耳でも硬い軟骨が小さい突起の中に触れることがあります。

原因

詳細はわかっていませんが、遺伝性は全くありません。

一度、形成外科受診を

副耳は生まれてすぐに気付かれますが、特に症状はありません。そのため、産婦人科や小児科の先生方も早急の治療の必要性がないために経過観察をされる場合は多いです。


しかし、親御さんは心配されているため、一度、形成外科を受診されることをお勧めします。

治療方法

結紮法

副耳の根元をナイロン糸で縛ばり完全に血液が流れなくなることで副耳が壊死(えし)し、2週間程で自然に取れます。

軟骨のない小さい副耳が適応です。

結紮する時に一瞬痛みがありますが、麻酔は必要ありません。生後すぐにでも実施できる方法です。

切除法

軟骨がある場合は、結紮法では残ってしまうために切除法となります。

手術は急いで行う必要はないと考えられていますので、通常、全身麻酔ができる1歳過ぎて全身状態が良い時期まで待って行われます。

しかし、ご両親は少しでも早い時期の治療を希望は、生後2か月までは局所麻酔で行うこともできます。

それを過ぎると赤ちゃんの力が強くなるために局所麻酔での手術はかえって危険となります。

よくある質問

Q傷跡は残りますか?
A

結紮術でも切除術でもわずかな傷跡は残りますがほとんど目立ちません。