誰にも相談できないのが小陰唇肥大の悩み。

気になっているけど、誰にも相談できないのが女性器の悩み。
その中でも特に多いのが「小陰唇肥大(小陰唇が大きい)」という悩みです。
しかし、小陰唇の大きさや形には個人差があり、また、他の人と比較できないため本当に大きいのかどうか判らないのが悩みをさらに大きくさせています。
小陰唇の大きさや形が機能障害を起こす事はありませんが、精神的ストレスになることがあります。

症状と診断

小陰唇が大きいと大陰唇と小陰唇の間に恥垢というアカがたまり、臭いが強くなる場合があります。
また、下着ですれたりして痛みやかゆみが生じたりします。
そのためにスポーツを十分に楽しめなかったり、性生活にも支障をきたします。
また何よりも見た目からくる精神的ストレスも大きくなります。

小陰唇が大きすぎるとは、長さよりも幅が長いことを言い、脚を閉じた状態で1.5cm以上出ているものを言います。
また、鏡の前に直立に立ち、大陰唇から小陰唇がやや見える程度ならば正常ですが、大きくはみ出していたり、ぶら下がっていたりする場合は、肥大症と言えます。
また、正常範囲であっても、大きさに左右差がある場合も治療の適応となります。

 

小陰唇とは

大陰唇の内側に接している左右一対の粘膜性ヒダのことをいいます。
前方は一つに合わさって陰核包皮が形成されクリトリスを保護し、後方に行くにしたがって低くなってきます。
小陰唇は、皮脂腺などからの分泌液により常に湿っていて、尿道口や膣口などを覆うように両側がくっつき、細菌が入ってくるのを防ぐ働きがあります。

小陰唇の大きさは子どもの時は小さく目立たず、色もピンク色をしていますが、思春期の頃から大きくなり色素沈着が生じてきます。
小陰唇の長さは、10代は約5cm程ですが、徐々に長くなり、30代ぐらいでは7cm以上になる場合もあります。
一方、幅も年齢と共に広くなりますが、1~1.5cm程が平均的です。
しかし、小陰唇の大きさに関しては、人により様々で、正常値は存在しないと考えられていますので、あくまでも目安と考えてください。
形もほとんどの場合左右不対称で、片方が大きかったり、ヒダの形が違ったりと様々です。

MORE

診療の流れと治療法

診療の流れ

予約

予約制ですので、電話でご予約ください予
これにより待ち時間が少なく他の患者さんとお逢いすることは少ないです。

診察

患部を診察し実際の大きさを測定します。
その大きさに応じて具体的な切除量を決めます。
また、治療方法・治療後の通院回等について詳しく説明いたします。
少しでもご不明な点がございましたら御遠慮なくご質問ください。

手術前の検査

血圧測定・感染症検査を行います。その後、手術日を決めていただきます。
また、治療前の注意事項についての説明も行います.
手術前に剃毛を行っていただきますが、これは術後のケアを楽にするためです。

治療方法

デザイン:取り除く組織をあらかじめ印をつけます。
局所麻酔:極細の針を使用することで、痛みの軽減を目指した局所麻酔を行います。針を刺して麻酔薬を注入する時には軽い痛みはありますが、手術中はこの麻酔の効果でまったく痛くありません。

切除:デザインに合わせて、専用の手術器具を装着して肥大した部分を平均的な形・大きさに整えて切除し、吸収される糸を用いて縫合します。また、左右差がある場合は左右の大きさや形を揃える事も可能です。
手術後30分間安静にしていただき、創部に軟膏を塗布した後、ガーゼをあてて終了です。

手術時間は1時間ほどで、日帰り手術となります。
麻酔の効果がなくなると多少痛みを感じる場合がありますので、ご心配の方には手術直後に痛み止めを服用していただきます。

術後のアフターケア

当日のシャワーは控えていただきます。

翌日、消毒に受診されてください。
この時に傷の状態を診察し、出血がないか確認します。
その後は抜糸まで生理用品を軽く当ていただきます。
翌日より患部を濡らさないようにされればシャワーは問題ありません。

1週間は触ると痛みがあります。
また、2週間程腫れのために小陰唇が大きく見えますが、次第に収まります。

2週間後に抜糸を行います。この日より入浴が可能となります。

手術には溶ける糸を使用するために抜糸は必要ないと言われていますが、実際はなかなか溶けませんので、当院では2週間過ぎに検診を兼ねて抜糸を行います。

 

注意事項

合併症

1.血腫:手術後にはある程度の出血は認められます。少量の場合は問題ありませんが、ガーゼを超えて出血が見られた場合や痛みが強くなればかなりの血が溜まった事となり、緊急の処置が必要となります。血腫ができると皮膚の細菌感染や壊死(皮膚が死んでしまう)などが生じ、汚い傷あとを残す事になります。異常を感じたら、すぐにクリニックに当院にご連絡ください。

2.傷あと(瘢痕):皮膚を切った場所には必ず傷あとが残ります。この傷あとの治り方には個人差や部位で異なります。幸い小陰唇は粘膜組織で他の部位より傷の治りがよく、傷あとも目立ちにくくなります。

3.皮膚の硬化:手術後しばらくすると、手術部位が固くなります。程度の差はありますが、全員に起こります。しかし、2か月程で柔らかくなります。

左右差:手術でも完全に左右を同じにする事はできません。しかし、多少の形や大きさの差に対して心配されている方はおられません。

4.術後1ヶ月前後は激しいスポーツや性行為などは控えていただきますが、日常生活にはほぼ支障がありません。

可能なら抜糸より1ヶ月後の検診をオススメしています。

費用一覧

費用一覧

診断名 料金
両側 200,000円(税抜)
片側 120,000円(税抜)
血液検査 15,000円(税抜)
消毒(1回) 1,200円(税抜)
初診料 2,500円(税抜)
再診料 500円(税抜)
  • 治療費には麻酔料・手術料・薬代が含まれています。

よくある質問

Q遠方からそちらへ手術を受けることを考えていますが、可能でしょうか。
A

可能ですが、当院では患者様に安全に治療を受けていただく為、診察当日の手術はせず、事前の血液検査を受けてから手術日のご予約をいただいております。
事前にご相談いただくことをおすすめいたします。

Q夏場に手術をすると、他の季節より化膿する確率が高くならないのでしょうか?
A

特に季節によって差異はございません。

Q腫れが引いた後、更に皺っぽくなったり、黒ずんだりしないでしょうか?
A

完全にないとは言えませんが、小陰唇はもともと皺が多くあり、色素沈着している箇所です。
どうしても気になる場合は事前にご相談ください

Q小陰唇が大きいのですが、大人になっていくにつれて悪い影響はありませんか。
A

特に問題はありません。
ただ、小陰唇が大きいと大陰唇と小陰唇の間に恥垢というアカがたまり、臭いが強くなる場合もあります。
また、下着ですれたりして痛みやかゆみが生じたりします。
そのためにスポーツを十分に楽しめなかったり、性生活にも支障をきたします。
また何よりも見た目からくる精神的ストレスも大きくなります。
このような場合は治療が必要ですが、無ければ特に急いで治療を受けられる必要はありません。

Q男性経験はないのですが、小陰唇が大きくて悩んでいます。
A

小陰唇が黒ずんでいたり大きかったりすると、男性との経験が多く遊んでいるからとか、自慰のし過ぎだと言われる事がありますが、全くの迷信です。
誰でも大人になれば形も大きくなりますし、色も濃くなります。
悩んでいることがあればお気軽にご相談ください。