ピアス・ボディーピアスの穴開けは専門医にお任せください。

ピアスの穴開けはピアスを販売している店や、医師以外の人のよって容易に行われているために、いろいろなトラブルが生じています。
医療機関以外でのピアスの穴開けは立派な医療法違反行為ですので、ピアスの穴開けからピアストラブルまで一貫した治療を行う当院でお受けください。

耳ピアス

ピアスとはピアス型イヤリングを装着する穴を耳たぶに開けることを言いますが、一般的にはイヤリングそのものをさしています。

当院の耳ピアスの穴開けの特徴

当院では、トラブルの少ないチタン製医療用ピアスを用いた穴あけ(ファーストピアス)を行なっています。
万一のトラブルが生じた場合にも、すぐに専門的治療が受けられます。

ファーストピアスとは

始めてピアスを開ける場合に使用するピアスのことを言います。

  • ピアスピンが太く、安定したホールが作れます。
  • ピアスヘッドが大きく、皮膚への埋入を防ぎます。
  • 1~2ヶ月間は装着しておかなければならないため、簡単に外れないようキャッチが固めにできています。

ボディーピアス

耳以外の唇、乳頭、おへそ、唇 性器などに行うピアスのことをボディーピアスと言います。
通常は、ご自身やお友達に開けてもらう場合が多いのですが、いろいろなトラブルが生じています。

ボディーピアス用ピアスについて

専用のピアスはありませので、ボディー・ピアッシングを希望される方は、あらかじめショップ等でご購入下さい。
この時、飾りの着いたピアス・重いピアスは傷の治りの妨げとなりますので単純なピアスをご購入ください。
尚、消毒は当院で行ないます。

ピアッシングの手順とケア

耳ピアス:ピアッシングの手順

片側の耳の希望させる位置にマーキングして、これを元に反対側の耳にもメジャーで計測し、マーキングします。
消毒後、チタン製医療用ピアスを装着したピアスガンを用いてマーキングした部分に瞬時にピアスを挿入します。
挿入直後は少しジーンとした痛みが残りますが、すぐになくなります。
麻酔を必要とするほどの痛みではありませんので、ご心配ありません。

ボディーピアス:ピアッシングの手順

ご希望の位置にマーキングします。
へそピアスの場合は、おへその上側との内側(針が入るところと出るところです)の2箇所にマーク付けます。
ボディーピアスではピアスアスガンが使えないために、特殊な針を用いて穴開を行い、ピアスを挿入します。この場合、局所麻酔を行いますので、治療中の痛みはありません。
軟膏と塗布してガーザで保護します。

施術後ケア

ピアス装着後1週間程は分泌物が出ることがありますので、水道水でぬらした綿棒で拭きとるか、入浴時にシャワーで洗い流してください。1週間程で出なくなります。
医療機関によっては消毒薬の使用を進める所もありますが、消毒薬で皮膚炎を起こした症例を何例も経験しましたので、現在は必要ないと考えています。
ピアスは1ヶ月以上取り外さないでください。この間にピアスで開けられ穴は、表と裏から皮膚が伸びてきて、きれいなトンネルを作ります(上皮化といいます)。

耳ピアスの交換時の注意

お好みのピアスに交換される際は、ご自分でされず、他の方に交換をお願いされることをオススメします。これはご自分で鏡を見ながら交換するのは難しく、またピアスホールを傷つけてしうからです。
また、新しいピアスは可能ならピンの太いもので、材質の良いピアスをご使用ください。
小さいピンでは穴が狭くなり入れにくくなりますし、金属アレルギーの発生も起こります。

ピアス穴開け後のトラブル

ピアスの穴開け後に幾つかのトラブルが起こることがあります。
当院はピアストラブルの専門的治療も行っています。

分泌物

穴開け直後より出てくることがありますが、1週間程で出なくなります。化膿による膿ではありませんので、心配ありません。

アレルギー性接触性皮膚炎

ピアス穴を開けて3週間程しても分泌物が治まらずに、赤みや痒みなどが起きてきたら、ピアスによるアレルギー性接触性皮膚炎が起きたことになります。
これは装着しているピアスの金属が長期間皮膚の内部と直接接触したために生じたためです。
特にニッケル、コバルト、クロムなどを使用しているピアスに多く見られます。

この場合は装着しているピアスを取り外せば治まりますが、「しばらくすれば治る」とか、「もったいないから外せない」などでそのままにしておくと、症状が悪化し、色々な問題を引き起こします。

ピアスヘッドや留め金の皮膚への埋入

ピアスのピンが皮膚の厚さに比べて短くて傷が起きたり、接触性皮膚炎で皮膚が弱くなったりしてピアスのヘッドや留め金が皮膚の中に埋もれてしまうことが起こることがあります。
この場合、ご自分では取り外すことはできないため、医療機関での摘出となります。

しこり

接触性皮膚炎が長期間続くと、しこりができることがあります。
このしこりは最初は皮膚の中だけですが、次第に表面にも現れてきます。
放置していると少しずつ大きく硬くなってきます。安易な外科的切除は再発を起こしますので、専門的治療が必要です。

ケロイド 

しこりがさらに大きく盛り上がってくるとケロイドになります。
ケロイドとは赤く盛り上がった硬いできもので、自然になくなる事はなく、徐々に大きくなります。
治療は安易な外科的切除は再発を起こしますので、専門的治療が必要です。

ピアスホールが裂ける

ピアスが何かに引っかかりその勢いで穴が裂けてしまうことがあります。
裂けた部分はそのままでは塞がりませんので、手術が必要となります。

費用一覧

費用一覧

ピアス部位 料金
耳たぶ・耳軟骨・トラガス
(チタン製ファーストピアス込み)
1箇所 5,000円(税別)
2箇所(両耳) 8,000円(税別)

インダストリアル
(麻酔・軟膏代込みピアス要持ち込み)

15,000円(税別)
へそ・眉・鼻・舌・唇・乳首(片方)
(麻酔代込み、ピアス要持ち込み)
15,000円(税別)
初診料

2,500円(税別)
当日施術の方は必要ありません。

再診料 500円(税別)
  • 料金は今後予告なく変更される場合があります。
  • ピアストラブルの治療の治療は健康保健の適応となります。

よくある質問

Qピアス穴を開けるのは痛いですか?
A

ピアスガンを使用する場合は、あまり痛くありませんので麻酔は必要ありません。
しかし、それ以外は専用の針を用いますので、局所麻酔を行います。

Q自分の好きなピアスを持ち込むことはできますか?
A

耳たぶや軟骨等にはピアスガンに装着された完全滅菌された医療用チタンピアスを使用します。
それ以外ではお好みのピアスをご持参ください。

Q金属アレルギーでもピアスを開けられますか?
A

アレルギーを起こしにくい医療用のチタンピアスを使用しておりますので可能です。

Q以前に開けた所が塞がってしまったのですが、また同じ所に穴を開けることはできますか?
A

可能です。
ただ、以前に開けた位置にしこりがある場合は、開けることが出来ないことがあります。この場合はその穴の近くに開けます。

Qピアスの穴が化膿してしまいました。どのようにすれば良いのでしょうか?
A

ピアスを取り除いてください。その後、医療機関を受診されてください。

 

Qピアス施術後、ヘアカラーはできますか?
A

特に問題はありません。

Q未成年でも開けることができますか?
A

未成年の方は、保護者様の同意書が必要となります。
ホームページのトップページにある保護者同意書を印刷して、保護者の方に必要事項に記載いいただいて当日持参ください。