爪のトラブル

なんども繰り返す痛い爪のトラブル 巻き爪と陥入爪間違った治療をすると悪化します

それぞれの爪の状態や症状には違いがあります。

陥入爪(かんにゅうそう)

爪の角がトゲのように内側に曲がって皮膚に食い込んだ状態です。
出血したり、化膿したりして受診される方の爪はこちらが多いです。

原因

深爪により外力が加わると起こりやすいと言われています。
テニス・卓球・バスケットボールなど踏み込むことが多いスポーツ選手などにも多く症状がみられます。

症状

発赤、腫れ、痛み、化膿、肉芽

治療

  • 内服薬(抗生物質、痛み止め)
  • 爪の切り方指導:爪はできるだけ伸ばすようにしてください。
  • 足浴指導:特に足浴は重要で1日3回1週間行うだけでかなり痛みが軽減します。
  • 爪が強く皮膚に食い込んでいる場合ワイヤーによる矯正を行います。
  • 長い間、感染が強く続く場合は手術をオススメすることもあります。

巻き爪

爪が横に湾曲して 丸くなっている状態を言います。
痛みはそれほど強くはありません。

原因

遺伝・加齢・爪の切り方・靴・運動などが原因と言われています。

症状

痛み、多少の腫れ

治療

ワイヤーによる矯正 
治療期間は3ヶ月程度です。

当院での巻き爪と陥入爪治療の特徴

日本形成外科専門医で爪の専門医師が診察・治療・ケアまで一貫して行います。
保存的治療から外科的治療まで、患者さんの爪の状態にあわせた治療を行います。
治療費は原則健康保険で行い、患者さんの負担を軽減します。
(ワイヤー治療は健康保険外です)

不安なことなどあればお気軽にご相談ください。

爪ワイヤー治療

ワイヤー法は、爪に穴を開けて超合金でできたワイヤーを通すことで、強制的に爪を外側に広げることで症状を軽減したり形を変えたりすることができる簡単で効果的な治療法です。

当院で扱うワイヤーは超弾性ワイヤーで、ニッケル・チタン合金でできたものです。
このワイヤーは強い復元力を持っているため、強く曲げても元のまっすぐな状態に戻ろうとすることで、変形した爪が矯正されていきます。
効果はすぐに現れ、爪の食い込みが解消されるためにワイヤー装着直後より痛みが軽減します。

特徴

  • 麻酔を使わないため治療中はもちろん、治療後も痛みはありません。
  • 治療時間は約10分と短時間です。
  • 小児~高齢者まで年齢制限がありません。

注意事項

  • 治療終了までに長期間かかります。
  • ワイヤー装着終了後も深爪、合わない靴、外傷などにより再発することもあります。
  • ワイヤーの矯正力が強いため爪が割れることがあります。その場合は再び爪が伸びるのを待ってから再度入れ直します。
  • 保険外診療となります。

診療の流れ

予約

予約制ですのでまずはお電話でご予約ください。

診察

爪の状態を診察し、症状に合わせた治療法を説明いたします。

保存的治療が適応の場合は足浴について方法と効果について説明いたします。
ワイヤー法について説明し、当日ご希望の方には診察後に行います。

再診

1〜2週間後に検診に来ていただきます。

注意事項

  • 爪ワイヤー治療は保険適応外となります。

費用一覧

費用一覧

診療名 料金
保険適応治療 要相談
保険外診療  
巻き爪ワイヤー治療(1箇所) 5,000円(税抜)
初診料 2,500円(税抜)
再診料 500円(税抜)